Top

雲・空・水、スケッチと写真と言葉でつづります
by shiunka
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
リンク
カテゴリ
プロフィール
スケッチ帖・水辺
スケッチ帖・雨と霧
スケッチ帖・川を辿る
スケッチ帖・空の色
スケッチ帖・山と雲
スケッチ帖・木々
スケッチ帖・海と雲
スケッチ帖・光
スケッチ帖・島の思い出
スケッチ帖・田園
空からのメッセージ
樹と光からのメッセージ
足柄・晩秋
足柄・冬
足柄・早春
足柄・薫風
足柄・初夏
足柄・盛夏
南伊豆・早春
南伊豆・春
西伊豆・初夏
箱根・晩秋
湘南の海・早春
湘南の海・春
湘南の海・初夏
湘南の海・盛夏
湘南の海・晩夏
湘南の海・初秋
湘南の海・晩秋
湘南の海・冬
湘南の山・春
湘南の山・初夏
湘南の山・初秋
湘南の山・初冬
見どころ湘南エリア
武蔵野の水辺・早春
武蔵野の水辺・春
武蔵野の水辺・若葉
武蔵野の水辺・初夏
武蔵野の水辺・晩秋
武蔵野の水辺・冬
熊本アトリエ・早春
熊本アトリエ・春
熊本アトリエ・若葉
熊本アトリエ・梅雨
熊本アトリエ・盛夏
熊本アトリエ・晩夏
熊本アトリエ・中秋
熊本アトリエ・初秋
熊本アトリエ・晩秋
熊本アトリエ・冬
九州の名所めぐり
屋久島・盛夏
長野・早春
長野・冬景色
長野・初夏
長野・盛夏
山梨・厳冬
山梨・若葉
山梨・晩夏
石垣島
その他の土地
日々の暮らしから
草木染め
スケッチのすすめ
想い出の海
ちょっと休憩
最新の記事
三竹の鎮守の森
at 2017-03-24 00:24
闇夜
at 2017-03-18 10:15
菜の花香る月夜
at 2017-03-17 00:19
私たちは水です
at 2017-03-16 23:43
早朝の滝
at 2017-03-01 16:47
森の中のお日様とお月様
at 2017-02-24 00:10
木の温かさ
at 2017-02-13 22:28
地平線よりのぼる満月
at 2017-02-12 17:46
天空の舞
at 2017-02-10 01:13
夕陽から生まれる火の鳥
at 2017-02-02 23:18
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 04月
2006年 01月
ブログジャンル
"poppies" Skin
by Animal Skin
introduction
「スケッチ紀行」のお部屋へお越し頂きまして、どうもありがとうございます。
「田中みぎわ墨と水のホームページ」は別サイトのこちらです。

このブログでは、絵の制作のもとになる日々の生活を、スケッチ、写真、言葉で綴っています。もしよろしければ、左下のカテゴリからお入り下さい。
c0107829_19581422.gif




春の嵐が三度

空を 大地を 川を 海を 

山の木々や空気をかき回していきました

いよいよ春の訪れが本格的に始まりましたね

小雨降る朝は

山の春の匂いがぷんぷん香ります

雲が低くたれ込めた朝だけれども

やっぱり匂いは春なんだ

目を閉じて深呼吸をすると やっぱりここは温かい

小雨なのにまぶたに温かさを感じて

あれ、晴れ間かな?日差しかな?…と思っても

やっぱり小雨が降っている

春の予感のいっぱいつまった

大地の匂いの糠雨だ










Copyright (c) 2016 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.





[PR]
Top▲ # by shiunka | 2017-03-31 23:59
三竹の鎮守の森


三竹地区のはずれに鎮守の森があります。





c0107829_00174771.gif






夫婦杉が入り口に二本
大きくおおきく、すっくとそびえ立っています。





c0107829_00180010.gif











c0107829_00185031.gif






推定樹齢500年以上、高さは50メートル以上です。
長い歴史を見て来た巨木ですが、
年老いた感じがまったくしません。

まるでまだ青年期のようです。
とてもみずみずしく、元気な、ほとばしるような
青々したエネルギーに満ちあふれています。





鳥居杉と呼ばれているそうです。





c0107829_00190475.gif






苔むして自然と調和している美しい石段を登っていくと、
神社があります。





c0107829_00191743.gif






c0107829_00194747.gif






大きなブナや椎の木にたくさん囲まれて、見守られて。
清々しい、みずみずしい、新鮮な水がほとばしり、
太い幹に、まるで血管のようにとくとくと
枝々のすみずみまで水が流れていく音が聴こえる。

鎮守の森です。




c0107829_00193322.gif






c0107829_00200059.gif






c0107829_00201818.gif






ここにも水が湧いています。
「水の森」という本によると、
芦ノ湖の水が染み出してきているそうです。





c0107829_00203038.gif






c0107829_00212843.gif






お水の由来です。
(画像を二回クリックすると大きくご覧頂けます)





c0107829_00211577.gif






今はほんの少しづつ染み出してきている量ですが、
汲ませてもらいました。
やさしいまろやかなお水でした。












・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・
Copyright (c) 2017 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

























[PR]
Top▲ # by shiunka | 2017-03-24 00:24 | 樹と光からのメッセージ
闇夜


c0107829_10103304.gif






月が見えていたらこんな感じかな?







満月の予定の夜

河原でしばらく待っているのですが、

あいにく月が見えるほど空が晴れていません。



雲が厚いようです。



まったくどのあたり月がいるのか、気配もわかりません。



河原では、川沿いに遠くまで続く東名高速道路の明かりが、

輝くネックレスのように連なり、

それが水に映ってきれいです。



遠くでカタンコトンと音がします。

たまに通る、御殿場線の小さな車両の音が

夜風にのってきれぎれにやってきます。



暗いなか、何かがひらひらと風に揺られています。

多分河川沿いにある、パークゴルフ場の旗でしょう。

闇のなか、白く浮かび上がって、一生懸命上下しています。



闇は好きです。

闇は親しい友だちです。

闇のなかにいると、明るいときよりも何故だか孤独を感じません。





しばらくして、月はあきらめて帰りました。

















・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・
Copyright (c) 2017 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

























[PR]
Top▲ # by shiunka | 2017-03-18 10:15 | 空からのメッセージ
菜の花香る月夜


c0107829_00123903.gif











菜の花香る月夜

素敵ですよね?

菜の花香る月夜野です。

今宵は花の匂い満ち満ちた、

春の夜の宴なのです。










c0107829_00122286.gif
















・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・
Copyright (c) 2017 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

























[PR]
Top▲ # by shiunka | 2017-03-17 00:19 | 空からのメッセージ
私たちは水です


c0107829_23325380.gif

c0107829_23331275.gif






私は水です

私は木です
私は土です
私は草です
私は風です……

とやっていくと、

わたしは水です、で
本当にそうだ!と実感します。





c0107829_23342566.gif






身体のほとんどが水で出来ているからでしょうか?
よくわかりませんが、さらさらした水の流れや、
ちゃぷんちゃぷんとした水の表面を
感じることができます

それは、わたしが喜んでいても、悲しんでいても
何かに腹をたてたりしていても、
それとは関係なく、よく耳を澄ますと、
やっぱり水の音がそこにあるのを感じます。





c0107829_23333873.gif

c0107829_23335198.gif

c0107829_23340776.gif






人のことをみていても、

ああこの人は樹だなあ…身体全体からあたたかい感じがする
とか、
この人は不思議、透明感があって、すっとして、白い媒体みたいだな、
とか、
わあーこの人は、陽射しがさんさんと降り注いだ畑の表面みたいだな、
とか、
この人は奥の方に、青い水脈を感じる、
など、あります。





誰でもではないし、
話しているそのときは緊張や、
他のことに気を取られていて
ほとんどわかりませんが、
帰ってひとりになってから、
また数日して思い出したときになど、感じます。





c0107829_23345011.gif

c0107829_23350087.gif

<
c0107829_23351631.gif






いつも水を汲みにいく滝も、
清々しい春の水の匂いでいっぱいです。

湧き水はまろまろして甘い水です。
早朝に、水をもらいに行きます。
ついでに顔を洗い、水を髪にも手にもパシャパシャとかけたら、
朝一番の森のシャワーに入ったような、
素晴らしく爽やかな気持ちになりました。





神奈川県山北町の、名水百選「洒水の滝」です。















・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・
Copyright (c) 2017 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

























[PR]
Top▲ # by shiunka | 2017-03-16 23:43 | 樹と光からのメッセージ
| ページトップ |