春の雨



c0107829_10095877.gif

c0107829_10101051.gif










なんと詩情のある展開でしょう。



朝から湿った空気が流れ込み、雲が湿ったかたまりとなり印象的です。

湿ったかたまりとなった雲は次々と空を流れていきました。

すると、生暖かい風が野山を吹き荒れます。



やがて、風は止み、しっとりとした空になりました。

なめらかな、湿った、絹地のような空です。

よくみると絹地は光沢をもち波打っています。



やがて、山のてっぺんから少しずつ少しずつ、白くなってきました。

まるで霧が下りてきたように。



いくつも重なる山の稜線が少しずつ、ひとつずつ、

穏やかに姿を霧に隠していきます。



そしてあたりは野山は細かい音のない雨に包まれました。



音のない雨が野に、山に、畑に

降り注ぎ染み込んでいきます。



人々の心の細かいひだの内にも、やさしい雨は音をたてずに、

ゆっくりゆっくりと染み込みます。










・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・
Copyright (c) 2017 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

























[PR]
by shiunka | 2017-04-08 10:13 | 足柄・早春