月と夜の笛音



c0107829_01025551.gif

c0107829_01030763.gif











満月で十五夜の夜

春の糠雨が続いていましたが雨があがっていたので、

小田原の海に出てみました。



まだまだ雲が厚くて、でも、満月の気配がします。



ところどころ明るくて、あの雲の後ろにいるのだな、と思います。



雨後で、雲が厚く空を走っていますから、

光の気配がところどころ感じて幻想的です。



じっと眺めていると、ほんの一瞬、その姿を覗かせてくれました。

雲が月の光で彩雲のように輝き美しいこと!

本当にひと時のことで、すぐにまた厚い雲に覆われてしまいました。



本当に、月待ちをしていると、こんなふうに顔を覗かせてくれることがあります。

何度もあります。

偶然といえば偶然になりますが、本当に、それならちょっとドラマティックな幕開けを見せますか?というふうに、ショーを展開してくれるのです。



誰にでも、あることだと思います。



私は、こういうときに、つながった!と確信して

とても嬉しく感じます。



それは、確信なので、なんとも証明しようがありませんが、

こんな小さい、月から見れば本当に本当に小さい

私の意識を感じてくれて、

ありがとう、と、思います。










c0107829_01032172.gif










今夜は丹沢の奥の方で月夜野を描いていたのです。

8時過ぎが月の出なので、夜8時くらいに行って、12時くらいまでいました。
 
山の中、誰も来なくてぽつんといるのはとっても好きです。
 
雨の山の中も好きで、気づけば半日くらい、経ってしまいます。
 


雨か月夜野を描きにきます。
 
夜に包まれるのは好きです。
 
雨と夜はこの世界で、一番孤独を感じません。
 


最初はギィと夜の鳥の声がこだましていました。

それからゴーという、遠い飛行機のエンジン音。
 
やがて本当に静寂がやってきます。
 


山あいからその金色の輝きをのぞかせた十六夜の月は、

すでに右上がりに高いところへのぼり、

湖を煌々と照らしています。
 


最初、あまりにも静かで、自分の鼻息の音かしら?と思いました。
 
良く耳を済ませば遠くから聞こえてきます。
 


きれいな口笛のような音です。風の音ではないみたい。
 
風のない晩です。
 


気のせいではなく、口笛のようです。

すこし音程が高かったり低かったり、呼び合っているようです。
 


そこで気づきました。

鹿の声です!
 


鹿が笛のように、ピー、ピー、と呼び合っているのです。
 
月夜に、月の光で照らされた野山に。なんとも幻想的です。 
初めて鹿の声を聴いた夜でした!



















・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・
Copyright (c) 2017 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

























[PR]
by shiunka | 2017-04-14 01:11 | 空からのメッセージ