十八夜



c0107829_17330525.gif

十六夜の満月は台風で見られなかったので

十八夜のお月さまを描きに、西湖に行ってきました。

涼しい富士山のふもとの夜には、

はや虫の音が鳴り響きます。










お盆に近づくにつれて

ひぐらしの鳴き声が格段に元気がなくなってきました。

庭の木に住んだひぐらしも、昨日の夜明けにはジ…ジ…と

最後の羽を鳴らしていました。

季節が変わっていくのですね。




お盆が明ければ秋の虫の音に移行していきますが、

幻想的なひぐらしの合唱に日に日に元気がなくなっていくのは、

心がすこしからんと音をたてるような淋しさがあります。

それでも、

少しずつ初秋を思わせる虫の音がささやくように草むらから聴こえてくると、

今度はそれが変わって心に優しく染み込んでいきます。

本当に、季節というものは日めくりのように、

昨日と今日はちょっとずつ違うなあ・・と少しずつ移り変わり

木々、空、虫の音、風の匂い、

そしてお月様でさえも春と秋ではまったく違う雰囲気をまといます。

すべてがその時々にあった

素晴らしい調和を見せてくれるものですね。

そうして、毎年、新しい季節が

なつかしい思い出を運んできます。



台風一過し、また一段階季節が移り変わっていきそうですね。
















c0107829_17323619.gif












・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・
Copyright (c) 2017 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

























[PR]
by shiunka | 2017-08-10 12:23 | 空からのメッセージ