Top

雲・空・水、スケッチと写真と言葉でつづります
by shiunka
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
リンク
カテゴリ
プロフィール
スケッチ帖・水辺
スケッチ帖・雨と霧
スケッチ帖・川を辿る
スケッチ帖・空の色
スケッチ帖・山と雲
スケッチ帖・木々
スケッチ帖・海と雲
スケッチ帖・光
スケッチ帖・島の思い出
スケッチ帖・田園
空からのメッセージ
樹と光からのメッセージ
足柄・晩秋
足柄・冬
足柄・早春
足柄・薫風
足柄・初夏
足柄・盛夏
南伊豆・早春
南伊豆・春
西伊豆・初夏
箱根・晩秋
湘南の海・早春
湘南の海・春
湘南の海・初夏
湘南の海・盛夏
湘南の海・晩夏
湘南の海・初秋
湘南の海・晩秋
湘南の海・冬
湘南の山・春
湘南の山・初夏
湘南の山・初秋
湘南の山・初冬
見どころ湘南エリア
武蔵野の水辺・早春
武蔵野の水辺・春
武蔵野の水辺・若葉
武蔵野の水辺・初夏
武蔵野の水辺・晩秋
武蔵野の水辺・冬
熊本アトリエ・早春
熊本アトリエ・春
熊本アトリエ・若葉
熊本アトリエ・梅雨
熊本アトリエ・盛夏
熊本アトリエ・晩夏
熊本アトリエ・中秋
熊本アトリエ・初秋
熊本アトリエ・晩秋
熊本アトリエ・冬
九州の名所めぐり
屋久島・盛夏
長野・早春
長野・冬景色
長野・初夏
長野・盛夏
山梨・厳冬
山梨・若葉
山梨・晩夏
石垣島
その他の土地
日々の暮らしから
草木染め
スケッチのすすめ
想い出の海
ちょっと休憩
最新の記事
月と夜の笛音
at 2017-04-14 01:11
春の雨
at 2017-04-08 10:13
山の叫び
at 2017-04-06 09:57
南伊豆の春旅行
at 2017-04-04 10:22
春の嵐
at 2017-03-31 09:40
彷徨える魂
at 2017-03-27 23:33
三竹の鎮守の森
at 2017-03-24 00:24
闇夜
at 2017-03-18 10:15
菜の花香る月夜
at 2017-03-17 00:19
私たちは水です
at 2017-03-16 23:43
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 04月
2006年 01月
ブログジャンル
"poppies" Skin
by Animal Skin
カテゴリ:武蔵野の水辺・春( 8 )
Top▲
春の宵
c0107829_13493026.jpg




青闇に浮かび上がる白い花の枝

夕暮れだというのに生温い南風

土の湿った匂いは遥か遠くの記憶を呼び覚まし

胸しめつける

春の宵








Copyright (c) 2009 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

[PR]
Top▲ by shiunka | 2009-04-02 13:45 | 武蔵野の水辺・春
萌え出る新芽
c0107829_1353570.jpg


c0107829_1353129.jpg





一斉に叫ぶ

小さな声や大きな声

聴こえてきそう!




Copyright (c) 2009 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

[PR]
Top▲ by shiunka | 2009-04-01 13:52 | 武蔵野の水辺・春
四月の若草
移り変わっていくこの季節。紅く萌え出た新芽は雨ごとに、見るも清々しい青色になっていきます。

c0107829_17482620.jpg






c0107829_1742124.jpg






c0107829_17413191.jpg






Copyright (c) 2007 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

[PR]
Top▲ by shiunka | 2007-04-11 17:51 | 武蔵野の水辺・春
高遠の紅い桜
c0107829_229324.jpg







c0107829_22115573.jpg






c0107829_2294229.jpg







Copyright (c) 2007 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

[PR]
Top▲ by shiunka | 2007-04-10 22:16 | 武蔵野の水辺・春
木の芽どき、野川公園
穏やかな風景。
しかし水面下、地面や枝の先々まで音をたててしぶきをあげ水が流れていく。
景色はどんどんと移り行く。
私はそれを吸収しようとも、しつくせず
憮然とただ立ち尽くすだけ。

c0107829_22435272.jpg







c0107829_22443524.jpg







c0107829_22455689.jpg








Copyright (c) 2007 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

[PR]
Top▲ by shiunka | 2007-04-06 22:59 | 武蔵野の水辺・春
春の青闇

c0107829_19533955.jpg






c0107829_19535125.jpg






Copyright (c) 2007 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

[PR]
Top▲ by shiunka | 2007-03-29 19:55 | 武蔵野の水辺・春
羽村の多摩川支流
久しぶりに草の匂いを嗅いできました。
ここは素敵な場所でしょう。懐かしい、夢に出てきたような風景です。

c0107829_21222988.jpg






c0107829_21224666.jpg






c0107829_21225651.jpg






c0107829_21231810.jpg






c0107829_21233269.jpg







Copyright (c) 2007 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

[PR]
Top▲ by shiunka | 2007-03-28 21:24 | 武蔵野の水辺・春
春の嵐
今日のような日は心も身体も波立つようざわめいて、とても家のなかに閉じこもっていることなど出来ません。どこからか私達の知らないもしやそれはまだ見ぬ土地から、次々と湿った雲が南風と共に東京の上空に流れ込んでいるのです。こんな好奇をそそられることってあるのでしょうか?湿った風が野に吹き荒れて、ひんやりと身体も水分に含まれる、まるで水の中にいるみたい。不穏な雲はどんどん流れて、抱え切れなくなった水分を時折ばらばらと落とす。大地からはむせ返るような土と雨の匂い。

c0107829_17275864.jpg






c0107829_17281296.jpg






c0107829_17282859.jpg




地面に寝転んでいると初老の男性が近づいてきて、「バラをあげましょう」ヒマラヤ杉のまつぼっくりを手渡そうとする。悪天候の人気のない野原でびっくりし、思わず逃げてしまった。あとでこっそり杉の森まで歩いていくと、なるほど。それは本当にバラの花のようだった。



c0107829_17284392.jpg






c0107829_17285737.jpg






c0107829_1729697.jpg







Copyright (c) 2007 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

[PR]
Top▲ by shiunka | 2007-03-05 17:30 | 武蔵野の水辺・春
| ページトップ |