Top

雲・空・水、スケッチと写真と言葉でつづります
by shiunka
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
リンク
カテゴリ
プロフィール
スケッチ帖・水辺
スケッチ帖・雨と霧
スケッチ帖・川を辿る
スケッチ帖・空の色
スケッチ帖・山と雲
スケッチ帖・木々
スケッチ帖・海と雲
スケッチ帖・光
スケッチ帖・島の思い出
スケッチ帖・田園
空からのメッセージ
樹と光からのメッセージ
足柄・晩秋
足柄・冬
足柄・早春
足柄・薫風
足柄・初夏
足柄・盛夏
南伊豆・早春
南伊豆・春
西伊豆・初夏
箱根・晩秋
湘南の海・早春
湘南の海・春
湘南の海・初夏
湘南の海・盛夏
湘南の海・晩夏
湘南の海・初秋
湘南の海・晩秋
湘南の海・冬
湘南の山・春
湘南の山・初夏
湘南の山・初秋
湘南の山・初冬
見どころ湘南エリア
武蔵野の水辺・早春
武蔵野の水辺・春
武蔵野の水辺・若葉
武蔵野の水辺・初夏
武蔵野の水辺・晩秋
武蔵野の水辺・冬
熊本アトリエ・早春
熊本アトリエ・春
熊本アトリエ・若葉
熊本アトリエ・梅雨
熊本アトリエ・盛夏
熊本アトリエ・晩夏
熊本アトリエ・中秋
熊本アトリエ・初秋
熊本アトリエ・晩秋
熊本アトリエ・冬
九州の名所めぐり
屋久島・盛夏
長野・早春
長野・冬景色
長野・初夏
長野・盛夏
山梨・厳冬
山梨・若葉
山梨・晩夏
石垣島
その他の土地
日々の暮らしから
草木染め
スケッチのすすめ
想い出の海
ちょっと休憩
最新の記事
月と夜の笛音
at 2017-04-14 01:11
春の雨
at 2017-04-08 10:13
山の叫び
at 2017-04-06 09:57
南伊豆の春旅行
at 2017-04-04 10:22
春の嵐
at 2017-03-31 09:40
彷徨える魂
at 2017-03-27 23:33
三竹の鎮守の森
at 2017-03-24 00:24
闇夜
at 2017-03-18 10:15
菜の花香る月夜
at 2017-03-17 00:19
私たちは水です
at 2017-03-16 23:43
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 04月
2006年 01月
ブログジャンル
"poppies" Skin
by Animal Skin
カテゴリ:足柄・晩秋( 24 )
Top▲
鳥の駅



c0107829_10253091.gif










庭の真ん中にあるこの木は、山によくある雑木です。

台風のときにお隣に折れたら困るから…と
一度は切りたいと思っていた木なのですが、
最近この木がどんどん親しさを増してきて、
とてもたくさんのものをもたらしてくれることがわかりました。



夏には日差しを遮ってくれ、地面に瑞々しい光の玉を落とします。
その青々とした葉がすだれの代わりになってくれます。



また晩秋にはこがね色に色づき、
はらはらと木の葉を落とし、
足元にある畑の冬越しのためのお布団になってくれます。



何よりも、この木は鳥の駅です。



年中を通して、小さいものたちが絶えることなく朝夕訪れます。



けっこう強気で、ここを我が家と思いこんでいるひよどり。
ジュクジュクと可愛らしい仲間と連れ立って、小さな四十雀。
春にはうぐいす色のメジロたち。


そして時にはコゲラ。
トゥルルル…と虫を探して幹を叩いています。



そんなこの木も、
今日は木枯らしにパラパラパラ…と
いちどきに葉を舞落とします。



やがて美しくしなやかな枝のままの姿を現すでしょう。



そして初冬の夜長に様々な物語を語ってくれることと思います。



一年間おつかれさまでした。
本当にありがとうと伝えたいです。








c0107829_10254483.gif

c0107829_10260412.gif














・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・
Copyright (c) 2016 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.











[PR]
Top▲ by shiunka | 2016-12-02 10:32 | 足柄・晩秋
櫨のろうそく




c0107829_08312271.gif





櫨(はぜ)の木のろうそくです。

山に生えている櫨の木、庭にも生えています。
葉は山の中でもいち早く紅葉し、鮮やかな朱色に染まります。

実からろうそくのロウが採れるとは
聞いたことがありました。

実はこの櫨の葉は
集めて煮出して染色も出来ます。
染液は茶色っぽい液になりますが、
鉄媒染で黒に近い色が染まるようです。

一度赤く染まった落ち葉を集めて煮出してみたのですが、
鍋には油のようなものが浮き、
ああやっぱりロウの成分なのだなあ…と思ったことがありました。

(櫨は漆科なので樹液にかぶれますのでご注意を!染める葉は落葉を使うようです。)


そんな櫨の和ろうそくを頂きました。
芯は和紙をよったもので出来ており、
自然なやさしい香りがします。


宵の空を背景に、
ろうそくのやさしい焔をを眺めていると、
心にもぽっと焔が灯りませんか?





赤く染まった櫨(はぜ)の葉

c0107829_08322091.gif

c0107829_08320788.gif

c0107829_08313964.gif









・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・
Copyright (c) 2016 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.











[PR]
Top▲ by shiunka | 2016-11-29 08:43 | 足柄・晩秋
木もれび


c0107829_09591770.gif

c0107829_09592903.gif

c0107829_09594260.gif





昨夜の雪も溶け出して
また晩秋の陽光が戻ってきました。
クリスマスのオーナメントのような、
文旦の実が元気に輝いています。

太陽の光は、直接だと眩しすぎて、
何かを通したり、間接的に浴びると、
心も体もあたたまりますね

干したお布団の上にねっころがったり
木の葉ごしに浴びたり

森の木洩れ日、木の葉ごしのほうが
より暖かくいとしく感じます。

また月の光もそうですね。
やさしく、海の奥底まで行き届く感じがします。




ところで、用事があり、久しぶりに着物を着ようかなあ、と
袖を通したり、取り残していたしつけをとったりしていました。

着物は木綿の単衣で軽く、気軽に洗濯できるものです。

地味目な縞柄ですが、手に取るとほっこりとしていて、
地味にみえる縞のなかにも自然にある色々な色があり、
手触りもやさしく、思わず、頬ずりしたくなりました。

着物ってやっぱりいいな…。

枇杷で染めた小さめの帯揚げに、枯れ木立の柄の帯。
これは古着屋で三千円程度で手に入れて、ずっとお気に入りの細帯です。
帯留めはどんぐりにしようかな。

私は本格的なことはあまり知らなくて
普段に楽しむ着物なので、かなり楽な、いい加減な着方なのですが、
その季節をいろいろと取り入れたり
ちょっと先の季節を思ってみたり出来るところが
着物って本当に楽しいと思います。













・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・
Copyright (c) 2016 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

[PR]
Top▲ by shiunka | 2016-11-25 10:05 | 足柄・晩秋
楓の葉




c0107829_09132566.gif

c0107829_09135609.gif

c0107829_09134390.gif

c0107829_09140757.gif

c0107829_09142143.gif

c0107829_09143623.gif






昨日も雨のなか少しだけ
しっとりと雨にぬれた紅葉の山を見に行ってきました。

今の時期は、楓の木がとくに綺麗に色づいています。
足もとには、青い苔にちらばった紅葉の対比が目にあざやかで
いいなあと、見上げたり、
しっとりと苔に濡れた幹をさわってみたり
誰もいないかな?と、頬をくっつけてみたり。

あとで、赤い一枚の小さな楓の葉が
かんざしのように、髪にさしてあるのを見つけました。

さっきの楓の木がかな?と思ったら
なんだか可愛らしく、
葉っぱの形のイヤリングをつけていたら
こういうのも好きでしょ?と声が聴こえてきそうで
気の利いた贈り物に心が温かくなりました。










・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・
Copyright (c) 2016 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

[PR]
Top▲ by shiunka | 2016-11-22 09:43 | 足柄・晩秋
秋霖



c0107829_07425634.gif

c0107829_07431140.gif

c0107829_07432701.gif

c0107829_07433985.gif








先週末は雨を描きに
夕暮れのすこし手前から山へいきましたが、
ところどころ霧が晴れて雲間から色づいた山々が覗きました。

その美しいこと・・・

あちらこちらに霧のベールをまとった山々は、
正視しかねるほどの気高く荘厳な姿でした。


やがて、だんだんに暮れてきて薄暗くなります。


薄暗くなると、
山と湖と雲が一体になり呼吸をはじめてきて
ああはじめてその本当の姿と心を見られたように感じ
ほっとします。


そんな時間になるまで待ってから
いつもスケッチをします。

霧雨のなかに
うっすらと灯った光が水にも落ちて
そんなやさしい小さな灯りにも、ほっとします。


帰り道には闇の中、鹿の五人家族に出会いました。
(*^^*)



c0107829_07435005.gif







・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・
Copyright (c) 2016 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

[PR]
Top▲ by shiunka | 2016-11-21 07:46 | 足柄・晩秋
山粧う



c0107829_08224377.gif

c0107829_08231138.gif

c0107829_08232826.gif





裏山へ
野に分け入りて
早朝のひんやりとした空気に
秋の名残の虫の声
木のてっぺんで寒そうにないてる鳥

空は
温かい色味のあるグレイ
森のなかへ足を踏み入れ
やがてすっぽりと包まれてゆく





いつも月の夜か雨の日に山へ出掛けるので
こんなに山の色づきが進んでいるとは思いませんでした。
今年はとくに朱が綺麗。
低地では桜の紅葉が見事です。
落ち葉をかきあつめて、ストールを一枚染めたいな・・
桜の落ち葉でこっくりとした、柿茶色に染まります。

こんなふうに。

きっと東北のような鮮やかな紅葉にはかなわないけれど

薄墨をさっとかけたような、目に優しい西丹沢の山々の色です。






・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・
Copyright (c) 2016 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

[PR]
Top▲ by shiunka | 2016-11-19 08:36 | 足柄・晩秋
秋深し



c0107829_07513830.gif

c0107829_07515660.gif




夕暮れのやさしい光の中に包まれています。

庭にいると
木のなかでかさかさと音をたてながら、木の葉が舞い降りてきます

木のなかで螺旋を描くように、くるくるまわり、
きらきらと光りながら
音を奏でて落ちてくる様子はまるで楽器みたいです


こちらに住むようになり、本当に音楽を聴かなくなりました。

季節季節の色々な音が一年を通して心に染みるのです。

それは一番その時々の心にしっくりくる、BGMですね。


今日も窓の外には
晩秋の柔らかい陽光のなか
一枚一枚黄金色に色づいた落ち葉が、きらきらと舞い降りています









・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・
Copyright (c) 2016 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

[PR]
Top▲ by shiunka | 2016-11-18 07:57 | 足柄・晩秋
十三夜


c0107829_09222577.gif


昨日は十三夜。

日が早く落ちてくれるので、夕暮れにはもう月を描きに丹沢に向かいます。

南足柄とはどこかあまり見当がつかない方も多いと思いますが、
背中に西丹沢をかかえて、前には青く広い相模湾。小田原の海を抱きます。

うちからは車で30分くらいで、丹沢湖の懐に入っていくことが出来ます。

いつも、思いも寄らぬのは、お天気が南足柄と丹沢ではけっこう違うことです。
昨夜も、平野部では快晴なのに、山の方は見るからに雲が出ています。

迷いながらも山に入っていけば、また思いも寄らない、
うろこ雲から漏れるお月様の光が眺められます。

柔らかい、十三夜の月でした。













Copyright (c) 2016 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

[PR]
Top▲ by shiunka | 2016-11-13 09:31 | 足柄・晩秋
宵団居の月
c0107829_14491945.gif




空気が澄み渡り、音の響く季節になりました。
十月、十一月と、月がとても綺麗に見えますね。
そんな晩には夜な夜な丹沢湖にスケッチに出掛けます。

夜の山の懐に包まれると、ほのかな小さな灯りを見つけては
心がほっと温かく感じます。
毎夜、鹿や狸に出くわしますが、
時々には闇の中
立派な角を頭の両方にもった牡鹿が
すっくと立っていることもあります。

ちょっとびっくりしますが
鹿や狸も夜の森に隠れて、月を見ているのかもしれません。


私は彷徨い歩きが好きですが、
夜の森を彷徨うのはまた格別に好きです。
まるで温かい懐へ入っていくような気がするからです。

耳を澄ませば
月の語る昔話や
細い唄声が聴こえてくるようです。












Copyright (c) 2016 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

[PR]
Top▲ by shiunka | 2016-11-10 14:38 | 足柄・晩秋
秋蒔きの畑
大根と人参の種を蒔きました
秋蒔きは初めてでとても楽しみです
台風で倒れた苗をひとつひとつ起こして土を盛ってやっているとき
暖かい地熱のせいか
なんだかとても親しみのある気持ちになりました

c0107829_0103440.gif


種が発芽するとき
そのたび
奇跡のようなものを感じます

畑で、芽を出したばかりの大根に水をあげていると
なぜかこちらが助けられたような気持ちになります
畑の畝の間を歩き
土の匂いを嗅ぎ
いぶした香りの畑の中にいると
ようやくこちらに戻ってきたのだなと実感がもてるのです

c0107829_0104897.gif














Copyright (c) 2010 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

[PR]
Top▲ by shiunka | 2011-12-25 00:09 | 足柄・晩秋
| ページトップ |