Top

雲・空・水、スケッチと写真と言葉でつづります
by shiunka
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
リンク
カテゴリ
プロフィール
スケッチ帖・水辺
スケッチ帖・雨と霧
スケッチ帖・川を辿る
スケッチ帖・空の色
スケッチ帖・山と雲
スケッチ帖・木々
スケッチ帖・海と雲
スケッチ帖・光
スケッチ帖・島の思い出
スケッチ帖・田園
空からのメッセージ
樹と光からのメッセージ
足柄・晩秋
足柄・冬
足柄・早春
足柄・薫風
足柄・初夏
足柄・盛夏
南伊豆・早春
南伊豆・春
西伊豆・初夏
箱根・晩秋
湘南の海・早春
湘南の海・春
湘南の海・初夏
湘南の海・盛夏
湘南の海・晩夏
湘南の海・初秋
湘南の海・晩秋
湘南の海・冬
湘南の山・春
湘南の山・初夏
湘南の山・初秋
湘南の山・初冬
見どころ湘南エリア
武蔵野の水辺・早春
武蔵野の水辺・春
武蔵野の水辺・若葉
武蔵野の水辺・初夏
武蔵野の水辺・晩秋
武蔵野の水辺・冬
熊本アトリエ・早春
熊本アトリエ・春
熊本アトリエ・若葉
熊本アトリエ・梅雨
熊本アトリエ・盛夏
熊本アトリエ・晩夏
熊本アトリエ・中秋
熊本アトリエ・初秋
熊本アトリエ・晩秋
熊本アトリエ・冬
九州の名所めぐり
屋久島・盛夏
長野・早春
長野・冬景色
長野・初夏
長野・盛夏
山梨・厳冬
山梨・若葉
山梨・晩夏
石垣島
その他の土地
日々の暮らしから
草木染め
スケッチのすすめ
想い出の海
ちょっと休憩
最新の記事
月と夜の笛音
at 2017-04-14 01:11
春の雨
at 2017-04-08 10:13
山の叫び
at 2017-04-06 09:57
南伊豆の春旅行
at 2017-04-04 10:22
春の嵐
at 2017-03-31 09:40
彷徨える魂
at 2017-03-27 23:33
三竹の鎮守の森
at 2017-03-24 00:24
闇夜
at 2017-03-18 10:15
菜の花香る月夜
at 2017-03-17 00:19
私たちは水です
at 2017-03-16 23:43
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 04月
2006年 01月
ブログジャンル
"poppies" Skin
by Animal Skin
カテゴリ:空からのメッセージ( 13 )
Top▲
月と夜の笛音


c0107829_01025551.gif

c0107829_01030763.gif











満月で十五夜の夜

春の糠雨が続いていましたが雨があがっていたので、

小田原の海に出てみました。



まだまだ雲が厚くて、でも、満月の気配がします。



ところどころ明るくて、あの雲の後ろにいるのだな、と思います。



雨後で、雲が厚く空を走っていますから、

光の気配がところどころ感じて幻想的です。



じっと眺めていると、ほんの一瞬、その姿を覗かせてくれました。

雲が月の光で彩雲のように輝き美しいこと!

本当にひと時のことで、すぐにまた厚い雲に覆われてしまいました。



本当に、月待ちをしていると、こんなふうに顔を覗かせてくれることがあります。

何度もあります。

偶然といえば偶然になりますが、本当に、それならちょっとドラマティックな幕開けを見せますか?というふうに、ショーを展開してくれるのです。



誰にでも、あることだと思います。



私は、こういうときに、つながった!と確信して

とても嬉しく感じます。



それは、確信なので、なんとも証明しようがありませんが、

こんな小さい、月から見れば本当に本当に小さい

私の意識を感じてくれて、

ありがとう、と、思います。










c0107829_01032172.gif










今夜は丹沢の奥の方で月夜野を描いていたのです。

8時過ぎが月の出なので、夜8時くらいに行って、12時くらいまでいました。
 
山の中、誰も来なくてぽつんといるのはとっても好きです。
 
雨の山の中も好きで、気づけば半日くらい、経ってしまいます。
 


雨か月夜野を描きにきます。
 
夜に包まれるのは好きです。
 
雨と夜はこの世界で、一番孤独を感じません。
 


最初はギィと夜の鳥の声がこだましていました。

それからゴーという、遠い飛行機のエンジン音。
 
やがて本当に静寂がやってきます。
 


山あいからその金色の輝きをのぞかせた十六夜の月は、

すでに右上がりに高いところへのぼり、

湖を煌々と照らしています。
 


最初、あまりにも静かで、自分の鼻息の音かしら?と思いました。
 
良く耳を済ませば遠くから聞こえてきます。
 


きれいな口笛のような音です。風の音ではないみたい。
 
風のない晩です。
 


気のせいではなく、口笛のようです。

すこし音程が高かったり低かったり、呼び合っているようです。
 


そこで気づきました。

鹿の声です!
 


鹿が笛のように、ピー、ピー、と呼び合っているのです。
 
月夜に、月の光で照らされた野山に。なんとも幻想的です。 
初めて鹿の声を聴いた夜でした!



















・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・
Copyright (c) 2017 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

























[PR]
Top▲ by shiunka | 2017-04-14 01:11 | 空からのメッセージ
彷徨える魂







c0107829_23234585.gif







自然に触れたとき

自然の驚異に包まれたとき

畏怖の念に打たれたとき



または自然に同等するような匂いや音に触れたとき



私の魂が歓喜に震え

おなかの中から

体の外に出たがっているのを感じる



体から離れて野原を、荒野を、海を、

山を、空を、嵐を、

飛び回り、彷徨いたがっているのを感じる。





c0107829_23252737.gif











c0107829_23265946.gif











c0107829_23270918.gif











c0107829_23272161.gif











c0107829_23273216.gif


















・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・
Copyright (c) 2017 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

























[PR]
Top▲ by shiunka | 2017-03-27 23:33 | 空からのメッセージ
闇夜


c0107829_10103304.gif






月が見えていたらこんな感じかな?







満月の予定の夜

河原でしばらく待っているのですが、

あいにく月が見えるほど空が晴れていません。



雲が厚いようです。



まったくどのあたり月がいるのか、気配もわかりません。



河原では、川沿いに遠くまで続く東名高速道路の明かりが、

輝くネックレスのように連なり、

それが水に映ってきれいです。



遠くでカタンコトンと音がします。

たまに通る、御殿場線の小さな車両の音が

夜風にのってきれぎれにやってきます。



暗いなか、何かがひらひらと風に揺られています。

多分河川沿いにある、パークゴルフ場の旗でしょう。

闇のなか、白く浮かび上がって、一生懸命上下しています。



闇は好きです。

闇は親しい友だちです。

闇のなかにいると、明るいときよりも何故だか孤独を感じません。





しばらくして、月はあきらめて帰りました。

















・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・
Copyright (c) 2017 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

























[PR]
Top▲ by shiunka | 2017-03-18 10:15 | 空からのメッセージ
菜の花香る月夜


c0107829_00123903.gif











菜の花香る月夜

素敵ですよね?

菜の花香る月夜野です。

今宵は花の匂い満ち満ちた、

春の夜の宴なのです。










c0107829_00122286.gif
















・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・
Copyright (c) 2017 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

























[PR]
Top▲ by shiunka | 2017-03-17 00:19 | 空からのメッセージ
地平線よりのぼる満月


c0107829_17384768.gif






昨日は、一昨日の雪雲とはうって変わって、

関東の空は澄み切っていて

本当に明るい太陽と雲が輝きました。





c0107829_17390288.gif






この日は、東京に予定がありました。





月の出を見ようと思っていたのですが、

もしその予定が午後四時くらいに終われば、

ロマンスカーで、小田原経由で帰宅して、

夕方六時には河原に見に行けるかなあ、と考えていました。

結局予定が終了するのには六時近くになったので、

これは間に合わなかったな、

東京じゃビルで月を探せないな…と思っていました。





終わり間際に、ふと、

「今日は満月で月の出は五時四十分くらいです」と言うと、

すると、さっと窓のカーテンを開けて頂きました。





c0107829_17391574.gif






そこは地上から42階!

都会なのに地平線が見えます。

大きな窓から生まれたての朱い月が見えるではないですか!





c0107829_17392791.gif






c0107829_17393810.gif






そこに一緒に居させて頂いた全員と

満月の出に立ち会えたことが

すごく不思議な巡り合わせに思えました。





c0107829_17395059.gif






胸いっぱいに、しみじみと喜びが広がりました。

出会えた日に、満月、そして、月の出に立ち会えるのなんて、すごい確率です。

集まった(集めて頂いた)人とのご縁を感じます。

そして祝福して頂いたように感じました。











・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・
Copyright (c) 2017 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

























[PR]
Top▲ by shiunka | 2017-02-12 17:46 | 空からのメッセージ
天空の舞


c0107829_00120938.gif






西伊豆では戸田という土地の地形が私にとっては珍しく思えます。

湾の左側のビーチが鍵の形にせり出していて、

あたかも左腕で湾を囲って守っているように見えます。





左腕のその先はイヌマキという大きな木の森になっていて

そのくねくねした枝の生命力溢れる大木は、県指定の天然記念物です。





先端に神社があり、森は空気に透明感があり

澄んでいるように感じます。





せり出した左腕のおかげで内海は穏やかで凪いでいて

透明で青緑の海です。





c0107829_17355470.gif






私はここの内海にせり出した小さな堤防の先にいるのがとても好きです。





堤防にしばらく寝っころがっていたとき、

空と雲を眺めていて、

魚や鳥や風を身近に感じ、

青い澄んだ空と雲をずっと眺めていました。





なんだか、だんだん空と気持ちが通じ合ったような気がしました。

雲が流れてきます。





c0107829_00115520.gif






鳥や人のような雲や、動物たちがどんどん流れてきました。





c0107829_00112320.gif






まるでそれぞれが、舞いを舞っているようです。





c0107829_00110874.gif


c0107829_00133559.gif






太陽からこぼれ落ちる、天の羽衣のようです。





c0107829_00123742.gif


c0107829_00122464.gif






本当に、天使の雲の集団が、

踊りを舞いながら空を流れてきました。





c0107829_00201654.gif


c0107829_00132123.gif


c0107829_00104407.gif






眺めながら、自分の心が高揚し、どんどん開いていくのを感じました。

心を開き切ったというのはこんな感じかな…?



雲は、目に見えない気持ちや心や魂が

誰にでも見えるかたちで、現れているのではないかと思います。

そのとき雲と心が通じて、

いつまでも、ずっと雲と話していたいと思いました。










・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・
Copyright (c) 2017 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

























[PR]
Top▲ by shiunka | 2017-02-10 01:13 | 空からのメッセージ
夕陽から生まれる火の鳥


c0107829_23111504.gif






本当に、内側から、魂が喜ぶことってなんでしょう?





私は自分の胸に聴いてみました。

やっぱりそれは、私の場合には、

夜明け前、日の出、そして夕暮れ、残照が消えるまで…

そして、月の出、月の入りに立ち会うこと。そして

それをスケッチすることでした。

出来れば、どんなところにいたとしても、水辺を探して。





眺めるだけではなく、絵を描くことにより、

寄せる水、川筋を通して

その先の丘、山々、遠くの雲、遠くの空の彼方まで、

意識が広がって、つながっていきます。

私は山であり、空であり、空は私であると感じるひとときです。





きっと自然とつながる手段は人それぞれで、

昨年に、長野で、夜明けに湖のほとりでフルートを吹く人を見たのですが、

きっとその人にとっては、それがつながるツールなんだろうなあ…

と思いました。





一日に日の出と夕暮れ、立ち会うのは、

旅のときには出来るけれど、

普段の生活でいつもは出来ないかなあ…

と思ったこともありましたが

本当にそうかな?





自分で制限をかけているだけだなあ、と思い、

朝晩、惹かれる心のままに、

水辺にスケッチに行くようになってからは

より魂の喜びを感じるようになりました。

毎日が旅のようで、旅のように心が喜び、

旅のような発見がたくさんあります。





c0107829_23122041.gif






ところで、そうやって一日のたくさんの時間、

空を眺めていると

雲って面白いなあ、と思います。

雲と、ちょっと気持ちがつながった!という瞬間

すごく楽しい気持ちになります。





私の感じでは、

夕暮れには、たくさんの雲が、

夕陽に向かって遊んでいるように感じます。

夕陽に向かって泳いだり、走ったり、

なにか何人かでサッカーのような遊びをしたり、

小さい人や大きい人、それに動物のような雲、

本当に、生きて意志をもっているように感じます。





酉年に因んで、鳥シリーズです。




c0107829_22482299.gif






夕陽から、大きくその羽を広げているように見えます。





c0107829_22484096.gif






輝く鳥が西に向かって飛んで行きます。





c0107829_22485601.gif






これは数年前ですが、夕陽から、まさに火の鳥が生まれてくるところでした。




本当に、生きて、意志をもっているように感じます。

神様の手技でしょうか?

私たちは、空からのたくさんの贈り物、享受していますね。

たくさん楽しみ、親しみたいですね。







・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・
Copyright (c) 2017 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.



















第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]
Top▲ by shiunka | 2017-02-02 23:18 | 空からのメッセージ
空の旅


c0107829_22013232.gif

年末年始に、熊本へ行ったときの空の旅です。

光る海、あの小さな島は…

c0107829_22015372.gif


江ノ島ですよね!

c0107829_22020635.gif


美しい相模湾と、伊豆半島が見えてきました。

ちょうど真下に我が足柄平野が広がり、酒匂川が流れています。

伊豆半島の付け根ですね。

c0107829_22021982.gif


あの突起のような半島は、真鶴ですね!

左の遠い丸い島は、大島かな…?

c0107829_22023491.gif


これなに!?





…芦ノ湖です!

青く美しい芦ノ湖。

上から眺めれば、このような形なのですね。

c0107829_22024605.gif


伊豆半島が終わっちゃう…。

こちら側は、駿河湾ですね。

c0107829_22025876.gif


三保の松原あたりかな…?

c0107829_22030897.gif


いい川だなあ…

もう庭ではないので、地理がわかりませんが、

駿河湾は広いですね…。

c0107829_22031974.gif


わあー面白い、素敵ですね。

川って上から眺めても、

神様が心地よいラインを描いていますね。

c0107829_22033012.gif

c0107829_22034307.gif


湖って面白い。人みたい。

なんともチャーミングな形ですね。

…あら、あなたは…





浜名湖ではないですか!

c0107829_22035567.gif


雲が出て来て、さっぱりどこだか

わからなくなりました…。

c0107829_22055384.gif

c0107829_22043880.gif


どこだろう…

島と島の架け橋

四国のようです。

美しい海…

光を浴びて、氷のよう。





ああ、美しい雲海…





c0107829_22050001.gif

c0107829_22060883.gif


外は、寒いのですね!





九州の壮大な、まるで海のような、山並が見えてきました。

c0107829_22064764.gif






阿蘇!





c0107829_22071863.gif






阿蘇よ、あなたは奇跡です





c0107829_22073985.gif






私はあなたの子どもです。

あなたを心から愛しています。





c0107829_22090571.gif






米塚ですね。

なんだか月のクレーターみたいです。





c0107829_22092604.gif






ありがとう阿蘇。

あなたの足もとに跪きます。





c0107829_22095092.gif









最後は、有明湾まで大きく旋回し、

阿蘇くまもと空港に着陸しました。










飛行機、大好きです。

だって、空を飛べるなんて…

この世から、身体から魂が離れたときしか

見られない景色ではないですか!?





飛行機に乗り、時間と距離を縮めることによって、

私たちはプチタイムトラベルを経験し、

高度一万メートルのフライトで、

宇宙に一歩、近づいているのです!





何十回乗っても、

いまだ、信じられません…。










熊本が、九州大陸が、

そしてすべての大陸と島々が、

神様とともにありますように。











・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・
Copyright (c) 2017 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.










第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]
Top▲ by shiunka | 2017-01-19 23:00 | 空からのメッセージ
雲の手技


c0107829_17461953.gif






飛行機から撮った、光る海と雲です。









最近は日が登るのが遅いので起きる時間はまだ真っ暗です。

そこから地平線に広がっていく夜明けを眺めるのは、

自然界の手業を見るようで、本当に神々しく感じます。





それも素晴らしいのですが、今朝は久しぶりにゆっくり寝て、

目覚めたら、澄み渡る青空に雲が流れるのをぼんやりと、

ゆっくりと眺めました。





空は雲一つないのだけど、

どきどき小さな固まりが西から東に流れていきます。

流れながら、それぞれが、どんどん形をおもしろく変えるので、

ついつい、いつまでも眺めてしまいます。





屋久島でうねりを持った海を身近にしたとき、

水の粒子一つ一つが、

生きて意志を持っている、と感じたことがありましたが、

みていると、

雲もそれぞれ意志を持って、

自由に生きているように感じます。





本当に生きているみたい。

ああ消えていった…

いまの雲が生きて意思をもっていたとしたら

魂はどこにいったかな…





雲を眺めているときは心は空(から)です。

こういう形になって、とも思わないし、

そのままでとっても綺麗。

自然な、思わずの変化を驚き、楽しみます

次にこんな形になったらどうしょう、というような、

恐れも不安も欲得も何もありません。





人や物事には、不安や怖れ、または

自分の都合でこうあってほしい、とつい、思ってしまうものですから、

何事にも、こんなふうに自然な変化を、

すんなりと受け入れて、怖れを持たずに楽しめたらいいなあ…と

雲をみていて、思いました










・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・
Copyright (c) 2017 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.










第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]
Top▲ by shiunka | 2017-01-16 17:54 | 空からのメッセージ
月夜と雲の踊り


c0107829_17573978.gif
]
c0107829_17575578.gif

c0107829_17580946.gif








雲が月のまわりで踊っているように感じませんか?







月は出る前がわくわくします。

大物スターの出現に、

胸が高鳴ります。





まわりの雲が青白く光って、

何かが変わる兆しにときめきます。

出てきた!と思う瞬間、

まわりの景色がすべて青白く照らされ

まるで世界ががらりと変わります…





昨日は月の周りを雲が遊んでいました。

いろいろな形に変化します。

まるで満月の夜を讃えているように、

月のまわりで形をいろいろ変えながら、踊っているようです。





わたしも、見事な月夜を讃えて一晩中、月の光を浴びていたい…

冬は月の行路が真上になるので、

夏のように部屋の窓からは見えません。

四方硝子の部屋を屋根の上に作って、

月光浴しながら眠りたいなと思いました。





あまりにも明るい月の光がえんどう豆の蔓を照らしています。

畑のえんどう豆や野菜は、太陽だけでなく、

夜中の月の光でも成長するのかな?と、感じました。











・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・
Copyright (c) 2017 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.










第一回プラチナブロガーコンテスト

[PR]
Top▲ by shiunka | 2017-01-15 18:02 | 空からのメッセージ
| ページトップ |