Top

雲・空・水、スケッチと写真と言葉でつづります
by shiunka
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
リンク
カテゴリ
プロフィール
スケッチ帖・水辺
スケッチ帖・雨と霧
スケッチ帖・川を辿る
スケッチ帖・空の色
スケッチ帖・山と雲
スケッチ帖・木々
スケッチ帖・海と雲
スケッチ帖・光
スケッチ帖・島の思い出
スケッチ帖・田園
空からのメッセージ
樹と光からのメッセージ
足柄・晩秋
足柄・冬
足柄・早春
足柄・薫風
足柄・初夏
足柄・盛夏
南伊豆・早春
南伊豆・春
西伊豆・初夏
箱根・晩秋
湘南の海・早春
湘南の海・春
湘南の海・初夏
湘南の海・盛夏
湘南の海・晩夏
湘南の海・初秋
湘南の海・晩秋
湘南の海・冬
湘南の山・春
湘南の山・初夏
湘南の山・初秋
湘南の山・初冬
見どころ湘南エリア
武蔵野の水辺・早春
武蔵野の水辺・春
武蔵野の水辺・若葉
武蔵野の水辺・初夏
武蔵野の水辺・晩秋
武蔵野の水辺・冬
熊本アトリエ・早春
熊本アトリエ・春
熊本アトリエ・若葉
熊本アトリエ・梅雨
熊本アトリエ・盛夏
熊本アトリエ・晩夏
熊本アトリエ・中秋
熊本アトリエ・初秋
熊本アトリエ・晩秋
熊本アトリエ・冬
九州の名所めぐり
屋久島・盛夏
長野・早春
長野・冬景色
長野・初夏
長野・盛夏
山梨・厳冬
山梨・若葉
山梨・晩夏
石垣島
その他の土地
日々の暮らしから
草木染め
スケッチのすすめ
想い出の海
ちょっと休憩
最新の記事
月と夜の笛音
at 2017-04-14 01:11
春の雨
at 2017-04-08 10:13
山の叫び
at 2017-04-06 09:57
南伊豆の春旅行
at 2017-04-04 10:22
春の嵐
at 2017-03-31 09:40
彷徨える魂
at 2017-03-27 23:33
三竹の鎮守の森
at 2017-03-24 00:24
闇夜
at 2017-03-18 10:15
菜の花香る月夜
at 2017-03-17 00:19
私たちは水です
at 2017-03-16 23:43
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 04月
2006年 01月
ブログジャンル
"poppies" Skin
by Animal Skin
<   2007年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧
Top▲
梅の花ひらく暮冬の野川公園
何も遠くに出掛けることなくとも自然界の流形を感じることができる場所はあります。ひとつの良い例は都内小金井市と調布市にまたがる野川公園。ここはなんという、春の予感に溢れた場所でしょう!陽気につられ今日やることをほっぽりだして出てきたのは正解でした。目を閉じると瞼に赤く日光が温かく射します、湿った芝の匂いが立ちのぼります。
毎日の日暮れに立ち合いたいという思いから、私は夕暮れに野辺地へ出掛けていくのです。
c0107829_1214119.jpg


c0107829_1214943.jpg


c0107829_1215877.jpg


c0107829_122611.jpg


c0107829_122131.jpg


c0107829_1222238.jpg


c0107829_1223331.jpg


c0107829_1224184.jpg


c0107829_1225164.jpg


c0107829_1225942.jpg


c0107829_1232473.jpg




Copyright (c) 2007 Tanaka Migiwa, All Right Reserved. SINCE 2007.2.1

[PR]
Top▲ by shiunka | 2007-01-31 23:54 | 武蔵野の水辺・早春
冬の善福寺公園
散策の人々が絶えない賑やかな公園。一日のうちに一回、池を渡ってくる冷たい風に肌をあてるのは良いものです。1月25日の時点で蝋梅(ろうばい)の黄色い花が満開、ひとあし早く芳しい春の匂いをはなっていました。空が澄み切って雲ひとつなく、冬柳の枝が美しい季節です。


c0107829_21344315.jpg


c0107829_21345818.jpg


c0107829_21351269.jpg


c0107829_21462350.jpg


c0107829_21463783.jpg




Copyright (c) 2007 Tanaka Migiwa, All Right Reserved. SINCE 2007.2.1

[PR]
Top▲ by shiunka | 2007-01-25 21:36 | 武蔵野の水辺・冬
烏川渓谷を散策
c0107829_10341272.jpg


c0107829_10342345.jpg


雪の渓谷はやはりひとっこ一人いません。音もなく、足跡もちいなさな動物のものばかり。向こうの方で誰かの気配が、と思えば猿の家族。
長野滞在一週間になって気づくのは、雪の中でも日が射して風がなければ、身体をまるめて描いていれば一時間くらいはじっとスケッチしていても意外に暖かさを保てるということです。多少冷えてしまったとしても「一枚着る」ために雪の中歩けば身体はポカポカします。注意するのは朝きちんと食べることです。食べると暖かさを保てるんだな、と実感しました。
(私が絵を描きにまわったのは一時間で駐車場から行って戻ってくることが出来る場所に限るのでご了解下さい)



Copyright (c) 2007 Tanaka Migiwa, All Right Reserved. SINCE 2007.2.1

[PR]
Top▲ by shiunka | 2007-01-18 10:33 | 長野・冬景色
桜沢遺跡からの雪景
c0107829_1031758.jpg


c0107829_10201154.jpg


c0107829_10202161.jpg


c0107829_10203475.jpg


旅行中、唯一雪がちらついた日でした。雪降る山をみたくて林道を車で登るのですが、道の雪かさが増し私の腕では足りずに引き返すこと数回。あまり人のいかなそうな渓谷や小さなダム湖は夏の楽しみにとっておきましょう。松川村、桜沢遺跡という眺めの良い場所から東の暮れ行く様を眺めスケッチしました。



Copyright (c) 2007 Tanaka Migiwa, All Right Reserved. SINCE 2007.2.1

[PR]
Top▲ by shiunka | 2007-01-17 10:18 | 長野・冬景色
居谷里湿原の凍った湖
c0107829_23344390.jpg


c0107829_23504049.jpg


c0107829_23352853.jpg


ひき続き、長野旅行です。ここは正確に言うと小さな居谷里第一貯水池。雪に埋まっていましたが、ダム湖の周囲には散策路らしき道と手すりがありました。ぜひ春にもきて歩いてみたい。季節柄かひとっこ一人おらず。雪で音も吸収されしんとした一人の世界にどっぷり浸りスケッチすることが出来ました。・・ところが雪の中軽装でたたずむ私を国道から見つけたドライバーが心配に思い通報して下さったらしく、この後警官が4人も来られました。実はこういうことは初めてじゃないのです、人のいないところを探して山や橋や堤防をひとりで行ったり来たり・・恐らく自殺志願者と間違われるのでしょうね。なるべく目立たないように気をつけているつもりなのですが・・大変お騒がせ致しました。のんきなようですが、このご時世、こんな山奥でも心配して下さる方がいると思うと少し心が暖まる気もします。



Copyright (c) 2007 Tanaka Migiwa, All Right Reserved. SINCE 2007.2.1

[PR]
Top▲ by shiunka | 2007-01-16 23:32 | 長野・冬景色
凍結した善五郎の滝
乗鞍岳へ滝を見にサラダ街道を走ります。山からは雲が立ち登ります。
c0107829_21563422.jpg


c0107829_21552956.jpg


c0107829_21561618.jpg


c0107829_21554958.jpg


なんだと思いますか?私は生まれて初めてみる光景です、これは凍結した滝です。
乗鞍岳を車でのぼり、車道を少しはずれた入口から「善五郎の滝」までは徒歩20分ほど。もちろん遊歩道は雪で埋まっていますが、スノーシューなどで散策、撮影に来られる人々に踏み固まられて道ができていました。私のような雪初心者にわか雪靴でもなんとかたどり着ける距離です。それにしても、雪の上を歩く楽しみ・・!これを初めて噛み締めました。
それからはじめて知ったこと、冬だと凍結で川幅もせまくなるのでおそらく夏の時よりもずっと滝の近くへ近寄って眺めることが出来る事。これは、いつも空だったところを歩くような気持ちです、驚嘆しました。





Copyright (c) 2007 Tanaka Migiwa, All Right Reserved. SINCE 2007.2.1

[PR]
Top▲ by shiunka | 2007-01-15 21:54 | 長野・冬景色
仁科三湖
c0107829_2123486.jpg


c0107829_2125487.jpg


c0107829_21362.jpg


c0107829_2131917.jpg


c0107829_2133699.jpg


c0107829_2134779.jpg


松本からJR大糸線で北へ上がっていくと、木崎湖、中綱湖、青木湖とありますのが仁科三湖。まんなかの小さい中綱湖だけ凍っており、日が落ちて幻想的な色彩をみせてくれました。



Copyright (c) 2007 Tanaka Migiwa, All Right Reserved. SINCE 2007.2.1

[PR]
Top▲ by shiunka | 2007-01-14 21:01 | 長野・冬景色
犀川
2007年最初のスケッチ旅行、ここは雪景色の長野です。犀川は安曇野市を東に流れる幅の広い川。透明な空と凍てつくような空気のなかでのスケッチ、すぐには気候に慣れません。

c0107829_20303191.jpg


c0107829_20304335.jpg


c0107829_20305652.jpg






Copyright (c) 2007 Tanaka Migiwa, All Right Reserved. SINCE 2007.2.1

[PR]
Top▲ by shiunka | 2007-01-13 20:29 | 長野・冬景色
| ページトップ |