Top

雲・空・水、スケッチと写真と言葉でつづります
by shiunka
リンク
カテゴリ
プロフィール
スケッチ帖・水辺
スケッチ帖・雨と霧
スケッチ帖・川を辿る
スケッチ帖・空の色
スケッチ帖・山と雲
スケッチ帖・木々
スケッチ帖・海と雲
スケッチ帖・光
スケッチ帖・島の思い出
スケッチ帖・田園
空からのメッセージ
樹と光からのメッセージ
足柄・晩秋
足柄・冬
足柄・早春
足柄・薫風
足柄・初夏
足柄・盛夏
南伊豆・早春
南伊豆・春
西伊豆・初夏
箱根・晩秋
湘南の海・早春
湘南の海・春
湘南の海・初夏
湘南の海・盛夏
湘南の海・晩夏
湘南の海・初秋
湘南の海・晩秋
湘南の海・冬
湘南の山・春
湘南の山・初夏
湘南の山・初秋
湘南の山・初冬
見どころ湘南エリア
武蔵野の水辺・早春
武蔵野の水辺・春
武蔵野の水辺・若葉
武蔵野の水辺・初夏
武蔵野の水辺・晩秋
武蔵野の水辺・冬
熊本アトリエ・早春
熊本アトリエ・春
熊本アトリエ・若葉
熊本アトリエ・梅雨
熊本アトリエ・盛夏
熊本アトリエ・晩夏
熊本アトリエ・中秋
熊本アトリエ・初秋
熊本アトリエ・晩秋
熊本アトリエ・冬
九州の名所めぐり
屋久島・盛夏
長野・早春
長野・冬景色
長野・初夏
長野・盛夏
山梨・厳冬
山梨・若葉
山梨・晩夏
石垣島
その他の土地
日々の暮らしから
草木染め
スケッチのすすめ
想い出の海
ちょっと休憩
最新の記事
月と夜の笛音
at 2017-04-14 01:11
春の雨
at 2017-04-08 10:13
山の叫び
at 2017-04-06 09:57
南伊豆の春旅行
at 2017-04-04 10:22
春の嵐
at 2017-03-31 09:40
彷徨える魂
at 2017-03-27 23:33
三竹の鎮守の森
at 2017-03-24 00:24
闇夜
at 2017-03-18 10:15
菜の花香る月夜
at 2017-03-17 00:19
私たちは水です
at 2017-03-16 23:43
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 04月
2006年 01月
ブログジャンル
"poppies" Skin
by Animal Skin
<   2009年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧
Top▲
日帰りスケッチの旅@真鶴岬
c0107829_2152988.jpg
今日は空も風も透明だから出かけてみよう!

いつも気負わず、最小限の身軽な荷物で出かけます。
スケッチの道具については、自分好みのセットにそろえて。
ほんのご参考までに。

小さめのスケッチブック、小さなメモ帳、最小限の木炭や鉛筆、小型カメラ、地図、携帯電話、ipod。

帽子やサングラス、日焼け止め、日傘、虫除け。

はじめて行く場所は勝手がわかりませんし、売店やコンビニエンスストアがあるとも限りません。もしあっても意外と早く閉まってしまうこともありますので、水筒と、チョコレート類のお菓子はかならず持っていきます。うっかり、行き倒れないために。


今回は、「青い海を見たい!」という気持ちから、日帰りで神奈川県の真鶴半島への旅に出かけます。
目指すは真鶴岬の先端。

真鶴半島へのアクセスは、東京から東海道線(普通)で真鶴駅まで約100分。
また、東海道線(快速アクティー)では約82分です。


c0107829_215026.jpg

東海道線に乗り真鶴へ向かいます。

乗ったのは熱海行き。
熱海と聞くだけで、なんだか旅がはじまるような、わくわくした気持ちになりました。

東海道線は座席が向かい合わせになる車両があるので、窓際に座るとなんだか旅気分を味わえますね。 

根府川駅の手前ほどから、海が望めます。


c0107829_21501030.jpg

いよいよ真鶴駅に着きました。日差しは強いけれど、風がさわやかです。 


c0107829_21501621.jpg

早速駅前の小さな観光案内所を見つけて、真鶴半島の地図、それからお祭りなど催し物などのパンフレットをいただきました。

情報を現地調達するのもひとつの楽しみ!

真鶴岬までは伊豆箱根バスによる運行があります。
本数は多くなく、一時間に二本ほど。最終も早いので、事前に調べられることをお進めします。 


c0107829_21502394.jpg


私はまず、大好きなお林展望公園にアクセスしました。
バスならば中川一政美術館で下車になります。駅からは15分ほど。 


c0107829_21502916.jpg

ここはとても綺麗に整備されている庭園。

カナリーヤシがのびのびと青空に向かって両手をのばし、のびのび呼吸をしています。

その様子は、なんとなく、石垣島を思わせます。

南のゆったりしたムードをこころゆくまで味わいます。 


c0107829_21505921.jpg

きれいに舗装された散歩道。
園内には、色鮮やかな南の花が咲いています。


c0107829_21503626.jpg


c0107829_2150436.jpg


c0107829_21511229.jpg


c0107829_21511989.jpg

 
青い芝生にシートをひいて、お弁当を広げるのも良いですね。
公園の先端にある展望小公園からは、深い青の海を眺めることができます。
潮騒が遠くに聴こえます。 


のびのびと天に向かってヤシが両手をひらく。ゆっくりと時間が流れます。
海を眺めながら、ひととき甘い潮風に吹かれます。 


c0107829_21512719.jpg


管理棟には真鶴ゆかりの画家である、中川一政のアトリエが復元公開されています。
喫茶ルームの窓辺からも展望がよく、コーヒーを飲みながら青い伊豆半島を眺めます。 




公園から道沿いを真鶴岬方面に歩くとすぐに美術館に着きます。

真鶴町にアトリエを構え制作に励み、文化勲章受賞者であり、真鶴町名誉町民第一号でもあった中川一政の美術館です。

c0107829_21513467.jpg


c0107829_2151429.jpg


中川一政美術館。

真鶴半島の原生林に包まれ、建物の壁におちる木漏れ日が美しいですね。
いずれも、開園や開観時間をチェックしてからお出かけください。



さて、美術館のちょっと先には左に折れる道路がありますが、その右脇に「お林散歩道入り口」の小さい看板を見つけました。

ここから小山を超えて岬方面に進んでみます。

c0107829_21523093.jpg


真鶴半島の大きな魅力というのは、このうっそうとした常緑樹の原生林にあるのではないでしょうか。

その枝々が空を背景に作る影絵は、見ていて飽きることがありません。

c0107829_21533632.jpg


お林散歩道を越えて、いよいよ岬の先端にさしかかります。


c0107829_21515023.jpg

ケープ真鶴の手前に左に折れる道を降りていくと、真鶴のシンボルともいえる、三ツ石が見えてきました。


c0107829_21515972.jpg

三ツ石と呼ばれるこの岩は、笠に似ているので笠島ともいわれています。
昔からの三ツ石にまつわる伝説なども残っているそうです。

干潮時には岩場が出てきて、先端まで渡ることが出来るそうです。



三ツ石海岸に降りていき日陰で一息。

c0107829_11211967.jpg


日が傾き、伊豆半島の向こうから斜めの光が差し込み、影がとてもきれいです。

c0107829_21522069.jpg


しばらくそこらをうろうろ歩いて、裸足で歩きます。
こうすると、少しだけ土地と仲良くなれるような気がします。

気に入ったちょうどいい大きさの石を見つけたら座ってみたり。
しばらく打ち寄せる波や水面を眺めたり、音楽を聴いたり、雲を眺めたりしています。

そのうち、ふと風景と心が重なり、風景が自分の心に流れ込んで来る瞬間があります。
そうしたら、スケッチブックを広げます。

c0107829_21523964.jpg


スケッチを一段落し、浜伝いの潮騒遊歩道を夕日に向かって歩いていきます。

c0107829_21524820.jpg


夕暮れ時で、ひとけのない番場浦に着きます。

c0107829_21525749.jpg


帰路に就きます。

山からは涼しい風が吹いてきます。
今年最初の日暮らしの声が、汗と疲れを忘れさせてくれます。

c0107829_21531079.jpg






参考ホームページです。
お出かけの際は、チェックされてみてくださいね。

真鶴町公式ホームページ
真鶴町観光協会
伊豆箱根バス時刻表
中川一政美術館ホームページ






Copyright (c) 2009 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

[PR]
Top▲ by shiunka | 2009-07-25 21:58 | 湘南の海・盛夏
山の彼方
c0107829_12452947.jpg









美しく懐かしい山の彼方よ 里よ

帰る場所よ







Copyright (c) 2009 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

[PR]
Top▲ by shiunka | 2009-07-19 12:50 | 熊本アトリエ・盛夏
夏に立つ雲
c0107829_22513278.jpg










遠くに雲を眺めると

意識が遠くまで拡散していき

雲と一体になってしまう





Copyright (c) 2009 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

[PR]
Top▲ by shiunka | 2009-07-17 22:53 | 熊本アトリエ・盛夏
透明な青空
c0107829_1146783.jpg





梅雨明けて

透明な青空

こころが風に飛んでいきそう!!




c0107829_1146155.jpg








Copyright (c) 2009 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

[PR]
Top▲ by shiunka | 2009-07-15 11:48 | 湘南の海・盛夏
梅雨明けの空
c0107829_18193948.jpg








関東甲信地方、梅雨明けしました!

九州北部~東海地方をさきがけて。

今日の空の澄んで鮮やかだったこと!






Copyright (c) 2009 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

[PR]
Top▲ by shiunka | 2009-07-14 18:21 | 湘南の海・盛夏
夕風
c0107829_23144423.jpg







梅雨明けも間近でしょうか

南風が雲のすきまを作り

今夕はひさしぶりに富士がくっきりと

その輪郭をあらわにしました







Copyright (c) 2009 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

[PR]
Top▲ by shiunka | 2009-07-14 00:05 | 湘南の海・初夏
様々な物語
c0107829_9382356.jpg





今朝も湿った南風が流れ込み

筆でさっと塗ったような空は

様々な物語を語ってくれます




Copyright (c) 2009 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

[PR]
Top▲ by shiunka | 2009-07-13 09:43 | 湘南の海・晩夏
虹の思い出
c0107829_8311840.jpg







南のあちらこちらで虹のニュースを聴いたので

今までみた虹を思い出しました

ドライブしていて虹のアーチをくぐったことも

夜の虹はうっすらと白いそうです

写真の虹は二重になっています






Copyright (c) 2009 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

[PR]
Top▲ by shiunka | 2009-07-12 08:38 | 屋久島・盛夏
遠い町灯り
c0107829_18525598.jpg






遠く江ノ島のあかり

町灯りというのはどこへ行っても

ほっとやさしく

なつかしいものですね






Copyright (c) 2009 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

[PR]
Top▲ by shiunka | 2009-07-11 18:56 | 湘南の海・初秋
梅雨明けの兆し

c0107829_9395474.jpg






相模湾沿岸では暖かく湿った南風が吹き荒れています。

空には雲が次々に走り、

ドラマティックな表情を見せてくれます。

南から運ばれてくる新鮮な潮の匂いに、

梅雨明けの兆しを・・そろそろ感じます。





c0107829_120392.jpg









Copyright (c) 2009 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

[PR]
Top▲ by shiunka | 2009-07-10 09:45
| ページトップ |