Top

雲・空・水、スケッチと写真と言葉でつづります
by shiunka
リンク
カテゴリ
プロフィール
スケッチ帖・水辺
スケッチ帖・雨と霧
スケッチ帖・川を辿る
スケッチ帖・空の色
スケッチ帖・山と雲
スケッチ帖・木々
スケッチ帖・海と雲
スケッチ帖・光
スケッチ帖・島の思い出
スケッチ帖・田園
空からのメッセージ
樹と光からのメッセージ
足柄・晩秋
足柄・冬
足柄・早春
足柄・薫風
足柄・初夏
足柄・盛夏
南伊豆・早春
南伊豆・春
西伊豆・初夏
箱根・晩秋
湘南の海・早春
湘南の海・春
湘南の海・初夏
湘南の海・盛夏
湘南の海・晩夏
湘南の海・初秋
湘南の海・晩秋
湘南の海・冬
湘南の山・春
湘南の山・初夏
湘南の山・初秋
湘南の山・初冬
見どころ湘南エリア
武蔵野の水辺・早春
武蔵野の水辺・春
武蔵野の水辺・若葉
武蔵野の水辺・初夏
武蔵野の水辺・晩秋
武蔵野の水辺・冬
熊本アトリエ・早春
熊本アトリエ・春
熊本アトリエ・若葉
熊本アトリエ・梅雨
熊本アトリエ・盛夏
熊本アトリエ・晩夏
熊本アトリエ・中秋
熊本アトリエ・初秋
熊本アトリエ・晩秋
熊本アトリエ・冬
九州の名所めぐり
屋久島・盛夏
長野・早春
長野・冬景色
長野・初夏
長野・盛夏
山梨・厳冬
山梨・若葉
山梨・晩夏
石垣島
その他の土地
日々の暮らしから
草木染め
スケッチのすすめ
想い出の海
ちょっと休憩
最新の記事
月と夜の笛音
at 2017-04-14 01:11
春の雨
at 2017-04-08 10:13
山の叫び
at 2017-04-06 09:57
南伊豆の春旅行
at 2017-04-04 10:22
春の嵐
at 2017-03-31 09:40
彷徨える魂
at 2017-03-27 23:33
三竹の鎮守の森
at 2017-03-24 00:24
闇夜
at 2017-03-18 10:15
菜の花香る月夜
at 2017-03-17 00:19
私たちは水です
at 2017-03-16 23:43
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 04月
2006年 01月
ブログジャンル
"poppies" Skin
by Animal Skin
<   2013年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧
Top▲
島の思い出 10
島の思い出 1
島の思い出 2
島の思い出 3
島の思い出 4
島の思い出 5
島の思い出 6
島の思い出 7
島の思い出 8
島の思い出 9
c0107829_18445272.gif

c0107829_184542.gif

c0107829_18451768.gif

c0107829_18453057.gif







島以来、自分の一番美しいと感じる時間に歩き、スケッチすることが日課になりました。その時に感じた風、音、水の匂い、まぶたに映る光の温度など・・この時間は自然との対話であって自分との対話になります。






(画像をクリックすると画像閲覧ページに遷移し、さらにクリックすることで画像が大きく表示されます。)















にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ






Copyright (c) 2013 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

[PR]
Top▲ by shiunka | 2013-06-28 18:51 | スケッチ帖・島の思い出
島の思い出 9
島の思い出 1
島の思い出 2
島の思い出 3
島の思い出 4
島の思い出 5
島の思い出 6
島の思い出 7
島の思い出 8




寄せる夜
c0107829_18403826.gif

c0107829_18404819.gif









私は絵をかく時やそれを思い浮かべる時、深く、水に浸透するように感じる。
まるで深い海の底のようだ。
また、人間の心の中にも山や川や木と同等の自然物があってそれらに触れることが
あったり深く感じることができれば、深い山や緑や水辺と共にいるように癒される。







(画像をクリックすると画像閲覧ページに遷移し、さらにクリックすることで画像が大きく表示されます。)















にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ






Copyright (c) 2013 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

[PR]
Top▲ by shiunka | 2013-06-28 18:42 | スケッチ帖・島の思い出
島の思い出 8
島の思い出 1
島の思い出 2
島の思い出 3
島の思い出 4
島の思い出 5
島の思い出 6
島の思い出 7

c0107829_803863.gif

c0107829_804844.gif

c0107829_805856.gif

c0107829_81834.gif








雲はどんどん沸き立って、海の上をすべりながらこちらへ迫ってくる。
強風でかたちがどんどん変わる。変化自在に変わっていく雲を眺めながら、風にあおられて飛び立ちそうな気持ちが、手を早めるのを助ける。







(画像をクリックすると画像閲覧ページに遷移し、さらにクリックすることで画像が大きく表示されます。)















にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ






Copyright (c) 2013 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

[PR]
Top▲ by shiunka | 2013-06-26 08:01 | スケッチ帖・島の思い出
島の思い出 7
島の思い出 1
島の思い出 2
島の思い出 3
島の思い出 4
島の思い出 5
島の思い出 6



西から雲がやってきて瞬く間に覆われてしまう
最後の二枚の黒い点々は雨がぱらぱらと降ってきたから

c0107829_10591181.gif

c0107829_10592276.gif

c0107829_10593275.gif

c0107829_10594242.gif

c0107829_10595449.gif










 私は現在、墨と水で絵を描いています。墨で絵を描くようなきっかけになったのは石垣島の風景でした。
 ところで、皆さんはこう思われませんか「南国の色鮮やかな風景にいて、なぜ水墨、モノトーンの世界なのだろう?」。
 実はここに、私が石垣島以来水墨で描き続けている理由があります。
 私はもともと色を使って制作していました。石垣島の光景は、雲、海、植物、すべてが目に焼き付くような色鮮やかさです。ある日、東の空に浮かんだ真っ赤に燃えた雲をみたとき、そのあまりの鮮烈な印象に圧倒され、色を使って表現することに限界を感じてしまいました。そんな時むしろ、今まで描きためていたモノトーンの世界、木炭のスケッチの方が、よほどその時の感じた心情を表現するのにふさわしいと思ったのです。墨一色の世界で描いてみたいと思ったはじまりでした。そして流動的な雲や海を表現するのに、にじみや広がりとうまく対話しながら描いていくという水墨はやはりぴったりだと思ったのです。
 このような流れで自然と「表現したいものに一番近い手段を選んだら」水墨になっていきました。








(画像をクリックすると画像閲覧ページに遷移し、さらにクリックすることで画像が大きく表示されます。)















にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ






Copyright (c) 2013 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

[PR]
Top▲ by shiunka | 2013-06-25 11:05 | スケッチ帖・島の思い出
島の思い出 6
島の思い出 1
島の思い出 2
島の思い出 3
島の思い出 4
島の思い出 5


c0107829_16404828.gif

c0107829_1641311.gif

c0107829_16411844.gif

c0107829_16413496.gif

c0107829_16415695.gif









 私はスケッチをするとき、ずっとずっと、日の暮れたあとも座っています。夜の幕が世界を覆い、一日のうちで一番静かな時間がやってきて、それは、私たちを完全に日常から遠ざけます。しかし、それは孤独ではありません。心は目の前の水や大気に溶けて、私たちは自然の一部であり、決して切り離された存在ではないと感じさせてくれるからです。薄闇が訪れ、やがて完全に闇になるまでひとりでいます。それは大地が呼吸するのを感じる、息を呑むような一番美しい瞬間です。石垣島の自然の中では、闇はむしろ親しい隣人のように感じたものでした。








(画像をクリックすると画像閲覧ページに遷移し、さらにクリックすることで画像が大きく表示されます。)















にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ






Copyright (c) 2013 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

[PR]
Top▲ by shiunka | 2013-06-24 16:44 | スケッチ帖・島の思い出
島の思い出 5
  月の出
c0107829_10335329.gif

c0107829_1034289.gif
c0107829_10341075.gif
c0107829_10342777.gif











 そんな凝縮した一年半、島のことはいつ思い出しても懐かしく、まるで自分の一部分を置いてきてしまったような気持ちにさえなってしまうのです。





(画像をクリックすると画像閲覧ページに遷移し、さらにクリックすることで画像が大きく表示されます。)















にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ






Copyright (c) 2013 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

[PR]
Top▲ by shiunka | 2013-06-21 10:37 | スケッチ帖・島の思い出
島の思い出 4
c0107829_943308.gif




c0107829_943422.gif




c0107829_9435325.gif








 石垣島での日々、海を目の前に眺めながら生活していると不思議な感覚を味わいました。それは、自分の心が裸にされるような、何も隠せないむき出しの心を見てしまうような・・。目に痛いほど鮮やかな海や、しけに怒り狂う波、真っ赤に燃える雲。それらを見ていると日常がすぅーっと遠くへ引いていき、心の奥底に眠る気持ちに触れてしまうのです。覆い隠すものがない研ぎ澄まされた光景のなかで、本当にたくさんの、自分自身の感情に出会うことの出来た場所でした。








(画像をクリックすると画像閲覧ページに遷移し、さらにクリックすることで画像が大きく表示されます。)















にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ






Copyright (c) 2013 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

[PR]
Top▲ by shiunka | 2013-06-20 09:44 | スケッチ帖・島の思い出
島の思い出 3
c0107829_764127.gif

c0107829_775018.gif

c0107829_78855.gif










 そもそもの島との出会いは学生時代でした。一度行ったらもう島の風景にすっかり魅せられてしまったのです。その後は毎年夏休みにビーチキャンプで1〜2ヶ月滞在し、雲や海を朝夕せっせとスケッチしていました。都会で育った私がずっと考えていたことなのですが、ダイレクトに自然の中に身を降ろして生活をし、その地で制作をしてみたいというのが、島に住んだ大きな目的でした。






(画像をクリックすると画像閲覧ページに遷移し、さらにクリックすることで画像が大きく表示されます。)















にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ






Copyright (c) 2013 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

[PR]
Top▲ by shiunka | 2013-06-19 07:11 | スケッチ帖・島の思い出
島の思い出 2
c0107829_1745447.gif

c0107829_175866.gif

c0107829_1752356.gif

c0107829_1754027.gif








私は学校を終えてすぐ、小さな車に家財道具一式をつめこみ、
フェリーではるばる沖縄本島よりもっと先へ渡りました。
行き先は“石垣島”八重山諸島のうちのひとつです。
島の周囲は約162キロ、年間平均気温は24.0度と暖かく、
サトウキビ畑と美しい珊瑚礁に恵まれた宝石のような島でした。
そこで働きながら古い一軒家を借りて、絵を描くために1年半ほど住んでいたのです。







(画像をクリックすると画像閲覧ページに遷移し、さらにクリックすることで画像が大きく表示されます。)















にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ






Copyright (c) 2013 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

[PR]
Top▲ by shiunka | 2013-06-18 17:06 | スケッチ帖・島の思い出
島の思い出 1
十年以上前のことですが、
島に住み 雲や空に自分の心を重ねて
制作をしていました。
その頃のスケッチを、これから少しずつご紹介していきたいと思います。


c0107829_1831429.gif

c0107829_18315167.gif
c0107829_1832120.gif
c0107829_18321384.gif
c0107829_18322395.gif








私にとっては絵を描くことが自然界と対話する手段になっています

自然との対話はつねに心の中へ旅をさせてくれて

心奥深く眠るものに気付かせてくれるのです










(画像をクリックすると画像閲覧ページに遷移し、さらにクリックすることで画像が大きく表示されます。)















にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ






Copyright (c) 2013 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

[PR]
Top▲ by shiunka | 2013-06-17 18:39 | スケッチ帖・島の思い出
| ページトップ |