Top

雲・空・水、スケッチと写真と言葉でつづります
by shiunka
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンク
カテゴリ
プロフィール
スケッチ帖・水辺
スケッチ帖・雨と霧
スケッチ帖・川を辿る
スケッチ帖・空の色
スケッチ帖・山と雲
スケッチ帖・木々
スケッチ帖・海と雲
スケッチ帖・光
スケッチ帖・島の思い出
スケッチ帖・田園
空からのメッセージ
樹と光からのメッセージ
足柄・晩秋
足柄・冬
足柄・早春
足柄・薫風
足柄・初夏
足柄・盛夏
南伊豆・早春
南伊豆・春
西伊豆・初夏
箱根・晩秋
湘南の海・早春
湘南の海・春
湘南の海・初夏
湘南の海・盛夏
湘南の海・晩夏
湘南の海・初秋
湘南の海・晩秋
湘南の海・冬
湘南の山・春
湘南の山・初夏
湘南の山・初秋
湘南の山・初冬
見どころ湘南エリア
武蔵野の水辺・早春
武蔵野の水辺・春
武蔵野の水辺・若葉
武蔵野の水辺・初夏
武蔵野の水辺・晩秋
武蔵野の水辺・冬
熊本アトリエ・早春
熊本アトリエ・春
熊本アトリエ・若葉
熊本アトリエ・梅雨
熊本アトリエ・盛夏
熊本アトリエ・晩夏
熊本アトリエ・中秋
熊本アトリエ・初秋
熊本アトリエ・晩秋
熊本アトリエ・冬
九州の名所めぐり
屋久島・盛夏
長野・早春
長野・冬景色
長野・初夏
長野・盛夏
山梨・厳冬
山梨・若葉
山梨・晩夏
石垣島
その他の土地
日々の暮らしから
草木染め
スケッチのすすめ
想い出の海
ちょっと休憩
最新の記事
月と夜の笛音
at 2017-04-14 01:11
春の雨
at 2017-04-08 10:13
山の叫び
at 2017-04-06 09:57
南伊豆の春旅行
at 2017-04-04 10:22
春の嵐
at 2017-03-31 09:40
彷徨える魂
at 2017-03-27 23:33
三竹の鎮守の森
at 2017-03-24 00:24
闇夜
at 2017-03-18 10:15
菜の花香る月夜
at 2017-03-17 00:19
私たちは水です
at 2017-03-16 23:43
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 04月
2006年 01月
ブログジャンル
"poppies" Skin
by Animal Skin
<   2014年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧
Top▲
2014長野の旅 5
c0107829_1954499.gif



*画像をクリックすると画像閲覧ページに移動し、さらに画像をクリックすると絵を大きく見ることが出来ます。


















にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ






Copyright (c) 2014 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

[PR]
Top▲ by shiunka | 2014-08-29 00:01 | スケッチ帖・木々
2014長野の旅 4
c0107829_1935122.gif



*画像をクリックすると画像閲覧ページに移動し、さらに画像をクリックすると絵を大きく見ることが出来ます。


















にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ






Copyright (c) 2014 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

[PR]
Top▲ by shiunka | 2014-08-28 19:03 | スケッチ帖・雨と霧
2014長野の旅 3
c0107829_193890.gif



*画像をクリックすると画像閲覧ページに移動し、さらに画像をクリックすると絵を大きく見ることが出来ます。


















にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ






Copyright (c) 2014 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

[PR]
Top▲ by shiunka | 2014-08-27 19:02 | スケッチ帖・木々
2014長野の旅 2
c0107829_19543029.gif



*画像をクリックすると画像閲覧ページに移動し、さらに画像をクリックすると絵を大きく見ることが出来ます。


















にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ






Copyright (c) 2014 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

[PR]
Top▲ by shiunka | 2014-08-26 19:54 | スケッチ帖・雨と霧
2014長野の旅 1
c0107829_19521361.gif



*画像をクリックすると画像閲覧ページに移動し、さらに画像をクリックすると絵を大きく見ることが出来ます。


















にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ






Copyright (c) 2014 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

[PR]
Top▲ by shiunka | 2014-08-25 19:50 | スケッチ帖・雨と霧
草木染め4 藍染め編
草木染め1
草木染め2
草木染め3
c0107829_20474734.gif

c0107829_20482378.gif











藍の花って赤まんまみたいです。
と思ったら同じタデ科です。
あちこちに生えている赤まんま(イヌタデ)には
藍の色素はないそうです。

今回使用する染料は先生が畑で育てたタデアイの葉をもんで乾燥させたもの。
神奈川のさんさんと降り注ぐ太陽を浴びた藍、ぜいたくですね。

藍染めとは藍瓶を思い浮かべて、手の届かないものと考えていました。
それはすくも藍というものだそうで、本物の職人の仕事とのこと。
今回は乾燥葉で煮出します。こんな方法もあったのですね。

すくも藍は濃い色が出るそうですが、乾燥の藍葉だと
いわゆる藍のイメージの赤味がかった紺(インド藍のような色)ではなくて
もう少し緑味のある青になります。
印象でみると縹色、納戸色、だんだん染めて染液が薄くなっていくと
浅縹・・・そして最後は瓶覗き色になるまで使います。
乾燥葉を4回煎じて2〜4番液を混ぜたものを使用しました。

藍の色の成分インディゴを取り出すためには薬品を使って
液をアルカリ性にしないといけないそうです。
以前義母が自分の畑で藍を育てて乾燥して染めたら黄色く染まったと言っていたのですが
これで大体判明、一番液も使ったのと、薬品を使って染液をアルカリ性にしなかったのでしょう。
その点すくも藍は微生物がアルカリ性の役目をするそうで、薬品が要りません。

今回は、藍の葉200gに水3リットル、ソーダ灰、ハイドロサルファイトをそれぞれ25グラム。

一番液だけは水4リットルで煮て、捨ててしまいます。
これはずいぶん茶色味を帯びた液。
藍も、如何に茶色味を取り除くかが大切だそう。

2番液からは水3リットルにソーダ灰、ハイドロをいれて藍の葉を入れ
蓋をして火にかけます。(その間混ぜないそう)
沸騰したら洗濯ネット、またはポリのふろしきなどで漉して絞ります。

2〜4番液を混ぜて、40度くらいに冷ましたものを染料に使いました。

藍の色の出方は以下によって変わるそうです。
1お天気(しっかり晴れる方がよい)
2水の種類
3ハイドロ(すぐ酸化するから注意、古くて酸化していると失敗するそう)

藍液の中で3〜5分、絞ったものは充分にもみ込みます。
空気に触れないように注意しながらもみます。
染め上がったものは藍液の中で絞り、最初は黄色〜黄緑色です。
それが空気に触れた途端、みるみるうちに青く染まっていくのが楽しい。
藍の染料は布の表面だけにつくことがあり、それだけだと水洗いで流れてしまうこともあるので
しっかり繊維に染まるように、青く発色したらまた4回ほど同じ行程で染めを繰り返します。

最後によく水洗いし、水洗いしながら絞りを溶いていきます。
ここらへんの地域では下水がないところも多々あります。
すぐ裏のきれいな水路に流れていってしまうこともあります。
私の自宅も浄化槽です。
藍の場合、化学薬品をそのまま川に流してしまったり
浄化槽を痛めないように充分注意して、
廃液は下水のあるところで流します。

晴天、猛暑、そして耳をつんざくような蝉の鳴き声につつまれた古民家で
たくさんの藍に染まった様々な絞り模様の布がはためきました。

来春は私も畑でタデアイの栽培にぜひとも挑戦したいと思っています。
[PR]
Top▲ by shiunka | 2014-08-24 17:52 | 草木染め
夏山
8/11~22更新をお休みします。
c0107829_946524.gif

*画像をクリックすると画像閲覧ページに移動し、さらに画像をクリックすると絵を大きく見ることが出来ます。







夏山を眺めていると

心が山に同化していく










c0107829_9564577.gif









畑で採ってきたトマトの甘さに

夏の強い日差しを感じます

庭のトマトは間延び気味で背丈は4メートル

もうすぐ空に届きそう

どこまで伸びるのかな







にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ






Copyright (c) 2014 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

[PR]
Top▲ by shiunka | 2014-08-08 09:58 | スケッチ帖・山と雲
夏の雨
c0107829_9425781.gif

*画像をクリックすると画像閲覧ページに移動し、さらに画像をクリックすると絵を大きく見ることが出来ます。











この川のみずかさが増えるほど

私の心も満たされる










にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ






Copyright (c) 2014 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

[PR]
Top▲ by shiunka | 2014-08-07 09:44 | スケッチ帖・川を辿る
川風
c0107829_1805494.gif













足を冷たい水に浸して

流れの真ん中までじゃぶじゃぶと歩いていく

川風に全身を吹かれているとき
 
まるごと晒されているような気がする
 
私は水上で半透明になり

身体と心の中心まで

冷たい水が通り抜けてゆく感じがするのだ












にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ






Copyright (c) 2014 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

[PR]
Top▲ by shiunka | 2014-08-06 18:04 | スケッチ帖・山と雲
水鏡
c0107829_1752943.gif












どこからともなく聴こえてくる呼び声が

水の上をこだまする














にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ






Copyright (c) 2014 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

[PR]
Top▲ by shiunka | 2014-08-05 17:10 | スケッチ帖・水辺
| ページトップ |