Top

雲・空・水、スケッチと写真と言葉でつづります
by shiunka
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
リンク
カテゴリ
プロフィール
スケッチ帖・水辺
スケッチ帖・雨と霧
スケッチ帖・川を辿る
スケッチ帖・空の色
スケッチ帖・山と雲
スケッチ帖・木々
スケッチ帖・海と雲
スケッチ帖・光
スケッチ帖・島の思い出
スケッチ帖・田園
空からのメッセージ
樹と光からのメッセージ
足柄・晩秋
足柄・冬
足柄・早春
足柄・薫風
足柄・初夏
足柄・盛夏
南伊豆・早春
南伊豆・春
西伊豆・初夏
箱根・晩秋
湘南の海・早春
湘南の海・春
湘南の海・初夏
湘南の海・盛夏
湘南の海・晩夏
湘南の海・初秋
湘南の海・晩秋
湘南の海・冬
湘南の山・春
湘南の山・初夏
湘南の山・初秋
湘南の山・初冬
見どころ湘南エリア
武蔵野の水辺・早春
武蔵野の水辺・春
武蔵野の水辺・若葉
武蔵野の水辺・初夏
武蔵野の水辺・晩秋
武蔵野の水辺・冬
熊本アトリエ・早春
熊本アトリエ・春
熊本アトリエ・若葉
熊本アトリエ・梅雨
熊本アトリエ・盛夏
熊本アトリエ・晩夏
熊本アトリエ・中秋
熊本アトリエ・初秋
熊本アトリエ・晩秋
熊本アトリエ・冬
九州の名所めぐり
屋久島・盛夏
長野・早春
長野・冬景色
長野・初夏
長野・盛夏
山梨・厳冬
山梨・若葉
山梨・晩夏
石垣島
その他の土地
日々の暮らしから
草木染め
スケッチのすすめ
想い出の海
ちょっと休憩
最新の記事
月と夜の笛音
at 2017-04-14 01:11
春の雨
at 2017-04-08 10:13
山の叫び
at 2017-04-06 09:57
南伊豆の春旅行
at 2017-04-04 10:22
春の嵐
at 2017-03-31 09:40
彷徨える魂
at 2017-03-27 23:33
三竹の鎮守の森
at 2017-03-24 00:24
闇夜
at 2017-03-18 10:15
菜の花香る月夜
at 2017-03-17 00:19
私たちは水です
at 2017-03-16 23:43
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 04月
2006年 01月
ブログジャンル
"poppies" Skin
by Animal Skin
<   2014年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧
Top▲
2014長野の旅 25
c0107829_924220.gif



*画像をクリックすると画像閲覧ページに移動し、さらに画像をクリックすると絵を大きく見ることが出来ます。


















にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ






Copyright (c) 2014 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

[PR]
Top▲ by shiunka | 2014-09-30 09:01 | スケッチ帖・山と雲
2014長野の旅 24
c0107829_91923.gif



*画像をクリックすると画像閲覧ページに移動し、さらに画像をクリックすると絵を大きく見ることが出来ます。


















にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ






Copyright (c) 2014 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

[PR]
Top▲ by shiunka | 2014-09-29 09:00 | スケッチ帖・木々
2014長野の旅 23
c0107829_859598.gif



*画像をクリックすると画像閲覧ページに移動し、さらに画像をクリックすると絵を大きく見ることが出来ます。


















にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ






Copyright (c) 2014 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

[PR]
Top▲ by shiunka | 2014-09-26 08:59 | スケッチ帖・木々
2014長野の旅 22
c0107829_85821.gif



*画像をクリックすると画像閲覧ページに移動し、さらに画像をクリックすると絵を大きく見ることが出来ます。


















にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ






Copyright (c) 2014 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

[PR]
Top▲ by shiunka | 2014-09-25 08:57 | スケッチ帖・木々
2014長野の旅 21
c0107829_8565679.gif



*画像をクリックすると画像閲覧ページに移動し、さらに画像をクリックすると絵を大きく見ることが出来ます。


















にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ






Copyright (c) 2014 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

[PR]
Top▲ by shiunka | 2014-09-24 08:56 | スケッチ帖・木々
2014長野の旅 20
c0107829_855458.gif



*画像をクリックすると画像閲覧ページに移動し、さらに画像をクリックすると絵を大きく見ることが出来ます。


















にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ






Copyright (c) 2014 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

[PR]
Top▲ by shiunka | 2014-09-23 08:55 | スケッチ帖・木々
2014長野の旅 19
c0107829_8535917.gif



*画像をクリックすると画像閲覧ページに移動し、さらに画像をクリックすると絵を大きく見ることが出来ます。


















にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ






Copyright (c) 2014 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

[PR]
Top▲ by shiunka | 2014-09-22 08:52 | スケッチ帖・木々
草木染め6 藍染め2回目
草木染め1
草木染め2
草木染め3
草木染め4
草木染め5
c0107829_9222711.gif








少しづつ草木染めのスカーフが増えてきました。
左から、コセンダン草、玉葱、葛、臭木、藍。
右下は綿、麻、絹混紡などに染めた藍。
緑の綿には玉葱に藍を染め重ねてみました。

乾燥した藍の葉に乾物につくような小さな虫がついたとのことで
そういった場合は虫ごと煮出すらしいです。
虫が葉っぱをこなごなにするので
かえってより濃く染まるのだとか。

ところでタデアイには
茎にも花にも葉脈にもまったくといっていいほど色素はないそうです。
葉っぱにのみ色素があるそうです。

今回はそんな葉っぱで染めさせていただきました。
二年目の乾燥葉で、藍の葉は二年までは染められるそうです。
色は一年目が一番良くて、時間がたつと少し茶味がつくそうです。

今回も1番煎じは藍の乾燥葉200gに水4リットル入れて
煮出して、全部捨てます。

煮出した液はナイロンふろしきなどで漉してけっこうしっかり絞る
しっかり絞らないと液中のアルカリの量が変わるかもしれないから、とのこと。

2番〜4番煎じは
水3リットル、ソーダ灰 25g 、ハイドロ 25g入れて
煮出し液を最後にすべて混合させます。

注意することは

○ソーダ灰  、ハイドロ、ふたつの薬品を計るときの入れ物は
別々にして区別する

○ソーダ灰から先に入れることが大切
まずアルカリ性にしてからとのことです。

○ふたつの薬品をぱっと入れてそのあと混ぜないこと。

草木染めのときの鍋はステンレスで
純度が高くないとだめだそうです。

藍を煮出すステンレス鍋については
それほど純度の高いステンレス鍋でもなくて家庭用のものでも
まあ大丈夫だとか。

黄色の泡が上がっていたときに
一目瞭然にわかるように、ガラスの蓋だといいみたいです。

鍋の周りからでなく全体に沸騰するために
やはり厚手の方がいいとのこと。

藍の葉を鍋のなかで混ぜない
でも浮いている分は菜箸で軽く沈ませていました。

沸騰して少し様子をみて火を止めます。

タデアイは温かいところだとだいたい栽培できる。
3番刈りくらいまでできるそう。
この辺りでも少し標高の高いところならば寒いから2番刈りまで。







縹色のタデアイは本当にいい
なんだか日本の野山の風景にしっくりくる色だ。
藍はインド藍のような濃く深く赤味のある青のイメージだったけれど
あるいは日差しの強い鮮やかな南国の風景には
濃く強いインド藍の色が馴染むのかもしれないと想像する。

でもタデアイは違う
やさしい少し黄色味のある縹色だ。

いつも野山を眺めながら暮らしていると、
風景に馴染むものを身につけたくなる。

この色は私たちの肌色にしっくりと馴染み、
風景にもくすんだ秋の空にも馴染むと思う。






先生は玄関先に座り込み収穫した藍の葉を茎とより分けている。
先生はこんな仕事が好きで幸せだといっていたけど、
なんだかとってもわかる気もちがする。

なんというか、散歩といっしょで、
古民家の土間に座りこみ、暮れていく空を眺めながら、
豆の鞘をむく、くるみをわる、すり鉢で何かを擦る。

昔から人がやってきた仕事かもしれない
何か乱れていた心のふれ幅が整う気持ちがするのだ。






いつも先生の講義を録音させていただき
家で再度聴いて復習をするのですけれども
今回は録音の最初から最後まで
鈴虫の音が入っている。

どこかから幽かに金木犀の香りもする。
樅を燻す香ばしい香りもしてくる。
南足柄は初秋の気配に包まれています。












Copyright (c) 2014 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

[PR]
Top▲ by shiunka | 2014-09-20 15:10 | 草木染め
2014長野の旅 18
c0107829_8492618.gif



*画像をクリックすると画像閲覧ページに移動し、さらに画像をクリックすると絵を大きく見ることが出来ます。


















にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ






Copyright (c) 2014 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

[PR]
Top▲ by shiunka | 2014-09-19 08:49 | スケッチ帖・山と雲
2014長野の旅 17
c0107829_8484086.gif



*画像をクリックすると画像閲覧ページに移動し、さらに画像をクリックすると絵を大きく見ることが出来ます。


















にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ






Copyright (c) 2014 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

[PR]
Top▲ by shiunka | 2014-09-18 08:49 | スケッチ帖・木々
| ページトップ |