どちら側?



c0107829_16100989.gif

石垣島、石崎の遠浅の海。心が遠くなります。










私はテレビを持たなくて、ニュースも新聞もなるべく見ないようにしています。

それは、日常生活にまで影響を受けやすいから、ということもありますが、

何か事件などのニュースを聞くと、まず、

この人はなんでこんなことしたんだろう?と大きな疑問があります。

もちろん短いニュース上ではそのようなところに真摯に焦点を当てません。

それよりも、どうしてこのような犯罪を犯したかを、幼年時代から行動を追って、

メディアはドラマティックに、映画的に、物語を仕立て上げてくれます。

被害者、加害者の役割が決定されます。

・・でも、本当にニュースを見ている自分はこっち側で、

彼らがあっち側なのだろうか?

本当は自分があちら側で、私は祭り上げられる立場になり得るのではないだろうか?

・・など思い考えるのですが、その答えがどこにも見つからないからです。



「僕らが死んで向こう側に渡るのを、被害者たちは待っていてくれたんだ。
僕らが命を奪ったにも関わらず、彼らの中には愛しかなかった。」


メタフィジックス通信の記事へリンクします



この記事のこの言葉を読んで、なんだかすごい答えが降ってきたように感じました。

それは善悪を超えた答えでした。

善悪を包み込んだ愛というべきか・・・

よく、どちら側か、敵味方、善悪で物を考えるのは私たちの癖だと言われますが、

これがひとつの善悪を超えた答えの例だと感じました。



もちろんどんなことでも、人が誰かにしたことに対して、

相手に対してと自分自身に対しての責任がなくなるという訳ではないと思います。

それから、この話が本当か作り話かなどは、私には到底知る由もありませんし、

どちらでもいっこうに構いません。

それが光を感じさせてくれるものであれば、それを受け取りたいと思うだけです。












c0107829_16102462.gif











・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・
Copyright (c) 2017 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

























[PR]
by shiunka | 2017-06-06 16:19 | 石垣島