山の呼吸



c0107829_19071472.gif

ひんやりした森林、長野県烏川渓谷。










ここ数日夏が戻り、足柄平野も蒸されるような暑さです。
小田原が35℃の予報なので、
すこし内陸の足柄は36℃くらいでしょうか?
アトリエの気温計は38℃を指していました。




湿度もあるからお湯のようで、温泉だと思えばいいよね、と思ってみても、
やっぱりすぐに茹だってしまいます。
38℃のお湯ならぬる湯なのに、
気温だと耐えられないのはどうしてだろう?




屋久島に「尾の間温泉」という、とても熱いお湯があるのですが
そこで湯あたりしたときと同じよう。
頭の奥がずっと痛くて、なんだか軽いめまいを起こします。




もう少し普通の暑さならば、いろいろ悪あがきをするのですが
こんな日には、もう生きているだけでいいことにして、
なるべくじっとしています。
やることはすべて夕方以降にやろう…




それでも、足柄平野に裾野を大きく扇状に広げた、
青い、明神ケ岳をみていると
その山に、暑さとはちがうぬくもりのようなものを感じ、
深い山の呼吸と鼓動を感じます。




山は生きているのですね。



そして息づいて、両手を開いて里山を抱いている。




森にたっぷりと水を蓄え、里に何本もの水脈を通し、
生きて里山を守ってくれているのを感じる。




だから山は神さまなんだ。




古来から大雄山と慕われて、
これからもずっと人々と生活をともにするのだろうな、と
今日は改めて感じました。











c0107829_19072923.gif












・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・
Copyright (c) 2017 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

























[PR]
by shiunka | 2017-08-26 19:15 | 長野・盛夏