人気ブログランキング |
Top
田中みぎわのブログへお越しいただきありがとうございます。HPには下記のリンクからお入り下さい。
by shiunka
リンク
カテゴリ
プロフィール
スケッチ帖・水辺
スケッチ帖・雨と霧
スケッチ帖・川を辿る
スケッチ帖・空の色
スケッチ帖・山と雲
スケッチ帖・木々
スケッチ帖・海と雲
スケッチ帖・光
スケッチ帖・島の思い出
スケッチ帖・田園
空からのメッセージ
樹と光からのメッセージ
足柄・晩秋
足柄・冬
足柄・早春
足柄・薫風
足柄・初夏
足柄・盛夏
南伊豆・早春
南伊豆・春
西伊豆・初夏
箱根・晩秋
湘南の海・早春
湘南の海・春
湘南の海・初夏
湘南の海・盛夏
湘南の海・晩夏
湘南の海・初秋
湘南の海・晩秋
湘南の海・冬
湘南の山・春
湘南の山・初夏
湘南の山・初秋
湘南の山・初冬
見どころ湘南エリア
武蔵野の水辺・早春
武蔵野の水辺・春
武蔵野の水辺・若葉
武蔵野の水辺・初夏
武蔵野の水辺・晩秋
武蔵野の水辺・冬
熊本アトリエ・早春
熊本アトリエ・春
熊本アトリエ・若葉
熊本アトリエ・梅雨
熊本アトリエ・盛夏
熊本アトリエ・晩夏
熊本アトリエ・中秋
熊本アトリエ・初秋
熊本アトリエ・晩秋
熊本アトリエ・冬
九州の名所めぐり
屋久島・盛夏
長野・早春
長野・冬景色
長野・初夏
長野・盛夏
山梨・厳冬
山梨・若葉
山梨・晩夏
山梨・中秋
石垣島
その他の土地
日々の暮らしから
草木染め
スケッチのすすめ
想い出の海
ちょっと休憩
最新の記事
ブログ移転のお知らせ
at 2019-01-04 04:44
感じる心
at 2018-02-09 00:00
神は自ら助ける者を助く
at 2018-02-08 00:00
旅路
at 2018-02-07 00:00
心の中の光
at 2018-02-06 00:00
許し
at 2018-02-05 00:00
自分自身であることを目指す
at 2018-02-04 00:00
道筋
at 2018-02-03 00:00
水辺にいきたい
at 2018-02-02 00:00
光輪
at 2018-02-01 00:00
以前の記事
2019年 01月
2018年 02月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 04月
2006年 01月
その他のジャンル
"poppies" Skin
by Animal Skin
カテゴリ:石垣島( 7 )
Top▲
記憶の海


c0107829_16104515.gif

石垣島北部の先端、平久保灯台より望む、まるで宝石のような海の色。










つかれて目を閉じれば、

たくさんの、光と影が胸の中を去来する。



新鮮な風が、山から吹き降ろしてくる・・

夜、風には草木の匂いと

泰山木の花の、甘い匂いが混じっている。



幽かに…潮の匂いも。

海から10キロ離れているのに?

もしかして

夢のしっぽをつかんでいるのかも。











c0107829_16105813.gif

この場所の名前を忘れてしまって、石垣島の地図を開いたら、懐かしさにもう気を失いそうになりました!










・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・
Copyright (c) 2017 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

























Top▲ by shiunka | 2017-06-12 18:32 | 石垣島
遠い記憶


c0107829_18162753.gif

石垣島米原ビーチより石崎を望む。









今日瞑想をしていたら、

黄色いような白いような光がさんさんと降り注ぎ、

なんだか日焼けするようにも感じました。



でもその光はむしろそこにあって、

いつでもそこにあるという感じでした。

普段は気づかないだけかもしれません。

身体がぽっぽっと火照る感じに暖かくなりました。



それから、アフリカのような赤茶けた大地と

紺碧の空の色を感じました。

そして、昔バオバブの木の写真を集めていたことを思い出しました。



遠い記憶かもしれません。












c0107829_18164368.gif











・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・
Copyright (c) 2017 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

























Top▲ by shiunka | 2017-06-12 18:20 | 石垣島
どちら側?


c0107829_16100989.gif

石垣島、石崎の遠浅の海。心が遠くなります。










私はテレビを持たなくて、ニュースも新聞もなるべく見ないようにしています。

それは、日常生活にまで影響を受けやすいから、ということもありますが、

何か事件などのニュースを聞くと、まず、

この人はなんでこんなことしたんだろう?と大きな疑問があります。

もちろん短いニュース上ではそのようなところに真摯に焦点を当てません。

それよりも、どうしてこのような犯罪を犯したかを、幼年時代から行動を追って、

メディアはドラマティックに、映画的に、物語を仕立て上げてくれます。

被害者、加害者の役割が決定されます。

・・でも、本当にニュースを見ている自分はこっち側で、

彼らがあっち側なのだろうか?

本当は自分があちら側で、私は祭り上げられる立場になり得るのではないだろうか?

・・など思い考えるのですが、その答えがどこにも見つからないからです。



「僕らが死んで向こう側に渡るのを、被害者たちは待っていてくれたんだ。
僕らが命を奪ったにも関わらず、彼らの中には愛しかなかった。」


メタフィジックス通信の記事へリンクします



この記事のこの言葉を読んで、なんだかすごい答えが降ってきたように感じました。

それは善悪を超えた答えでした。

善悪を包み込んだ愛というべきか・・・

よく、どちら側か、敵味方、善悪で物を考えるのは私たちの癖だと言われますが、

これがひとつの善悪を超えた答えの例だと感じました。



もちろんどんなことでも、人が誰かにしたことに対して、

相手に対してと自分自身に対しての責任がなくなるという訳ではないと思います。

それから、この話が本当か作り話かなどは、私には到底知る由もありませんし、

どちらでもいっこうに構いません。

それが光を感じさせてくれるものであれば、それを受け取りたいと思うだけです。












c0107829_16102462.gif











・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・
Copyright (c) 2017 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

























Top▲ by shiunka | 2017-06-06 16:19 | 石垣島
絵は呼吸するように


c0107829_17391953.gif

石垣島から竹富島へ渡る、船上からの明るい珊瑚の海です。










絵は呼吸するように描く

そして航海に乗り出すように

時間がたてばたつほど

記憶は大地の香りを増して、色濃くあざやかに蘇る





広くて肉厚な南国の葉の手ざわり

耳を澄ませば、高い木の天辺で鳥の鳴き声がして、

それだけで私たちは

南国の濃い空気を

身のまわりに蘇らすことができる。











c0107829_17393250.gif











・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・
Copyright (c) 2017 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

























Top▲ by shiunka | 2017-06-05 17:43 | 石垣島
コミュニケーション


c0107829_10031501.gif

竹富島のコンドイビーチ、明るい遠浅の海です。









コミュニケーション



コミュニケーションが大切なのは当たり前だと思って

いままでほとんど意識していませんでしたが、

いかに私たちが普段コミュニケーションをおろそかにしているかを、

なんとなく考えさせられました。



電車でも、喫茶店でも、

それぞれが自分の話をして、

お互いの話を聴いていなかったり、

相手の話を遮って話そうとしたり、

一方的に話しているだけだったり、

違うことを考えて、うんうんと聴いていたり、

そのような人を多く見るように感じます。



私としても、最初から伝えることを諦めてしまったり、

努力しないで、どうせわかってもらえないと諦めるふりをして、

諦められていない自分がいます。

自分が伝えたいことを伝えられないから、

人の話もなんだか聴きたくないのですよね。



自分が伝えたいこと

でも誰に?

夫に?

お客さんに…?

本当に伝えたいのは誰?



もしかしたらそれは自分自身に、なのではないでしょうか…?










c0107829_10032525.gif











・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・
Copyright (c) 2017 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

























Top▲ by shiunka | 2017-06-03 10:10 | 石垣島
ホタルの思い出
c0107829_18334825.jpg









関東では先頃まで、あちらこちらでホタルの宴が見られましたね。
ホタルといえば、私は石垣島での夜を思い出します。


もう10年前ほどになりますが、島に住んでいたころ。


よく夜の灯台に出かけました。
足元の草原いっぱいにホタルが点々と星のように輝く夜もありました。


見上げれば空にも満天の星。


想像してみてください、そんなときは、上にも下にも、たくさんの星が散りばめられた宇宙のまんなかに、自分ひとり浮かんでいるような錯覚にとらわれました。


足元をすくわれそう!


頭のうえでぐるぐると廻っている灯台の光だけが頼りだけなのです。







石垣島では3月~6月くらいがシーズンだったと思います。

maetakayaさんのPARADISO-Ⅱ
とてもきれいな石垣島のホタルの写真が載っています。





ホタルナイトなんていかがでしょうか。

東京のホタル祭り&名所

神奈川県近郊でホタルがみられるスポット






Copyright (c) 2009 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

Top▲ by shiunka | 2009-06-24 18:46 | 石垣島
石垣島の空
私は学校を終えてすぐ、小さな車に家財道具一式をつめこみ、フェリーではるばる沖縄本島よりもっと先へ渡りました。行き先は「石垣島」八重山諸島のうちのひとつです。島の周囲は約162キロ、年間平均気温は24.0度と暖かく、サトウキビ畑と美しい珊瑚礁に恵まれた宝石のような島でした。そこで働きながら古い一軒家を借りて、絵を描くために1年半ほど住んでいたのです。



石垣島での日々、海を目の前に眺めながら生活していると不思議な感覚を味わいました。それは、自分の心が裸にされるような、何も隠せないむき出しの心を見てしまうような・・。目に痛いほど鮮やかな海や、しけに怒り狂う波、まっ赤に燃える雲。それらを見ていると日常がすぅーっと遠くへ引いていき、心の奥底に眠る気持ちにイヤでも触れてしまうのです。覆い隠すものがない研ぎ澄まされた光景のなかで、本当にたくさんの、自分自身の感情に出会うことの出来た時間でした。






c0107829_20481275.jpg






積乱雲が発達しながら雨とその後の夕暮れを連れて向かってきます。





c0107829_20494728.jpg






雨雲が海の上を渡ってくるのです。こちらは降っていないけれど、もう目と鼻の先が大降りです。雨の匂いと湿った風が肌にひんやりと吹き付けてきます。こういう現象を沖縄では片雨(カタアーミ)と言うとききました。





c0107829_20492495.jpg






そしてそののち、雨後の空。





c0107829_20491390.jpg




c0107829_20502177.jpg




c0107829_2049157.jpg





思いの詰まった一年半、島のことはいつ思い出しても焦がれるように懐かしく、まるで自分の一部分を置いてきてしまったような気持ちにさえなってしまいます。







Copyright (c) 2007 Tanaka Migiwa, All Right Reserved. SINCE 2007.2.1

Top▲ by shiunka | 2006-07-01 20:42 | 石垣島
| ページトップ |