人気ブログランキング |
Top
田中みぎわのブログへお越しいただきありがとうございます。HPには下記のリンクからお入り下さい。
by shiunka
リンク
カテゴリ
プロフィール
スケッチ帖・水辺
スケッチ帖・雨と霧
スケッチ帖・川を辿る
スケッチ帖・空の色
スケッチ帖・山と雲
スケッチ帖・木々
スケッチ帖・海と雲
スケッチ帖・光
スケッチ帖・島の思い出
スケッチ帖・田園
空からのメッセージ
樹と光からのメッセージ
足柄・晩秋
足柄・冬
足柄・早春
足柄・薫風
足柄・初夏
足柄・盛夏
南伊豆・早春
南伊豆・春
西伊豆・初夏
箱根・晩秋
湘南の海・早春
湘南の海・春
湘南の海・初夏
湘南の海・盛夏
湘南の海・晩夏
湘南の海・初秋
湘南の海・晩秋
湘南の海・冬
湘南の山・春
湘南の山・初夏
湘南の山・初秋
湘南の山・初冬
見どころ湘南エリア
武蔵野の水辺・早春
武蔵野の水辺・春
武蔵野の水辺・若葉
武蔵野の水辺・初夏
武蔵野の水辺・晩秋
武蔵野の水辺・冬
熊本アトリエ・早春
熊本アトリエ・春
熊本アトリエ・若葉
熊本アトリエ・梅雨
熊本アトリエ・盛夏
熊本アトリエ・晩夏
熊本アトリエ・中秋
熊本アトリエ・初秋
熊本アトリエ・晩秋
熊本アトリエ・冬
九州の名所めぐり
屋久島・盛夏
長野・早春
長野・冬景色
長野・初夏
長野・盛夏
山梨・厳冬
山梨・若葉
山梨・晩夏
山梨・中秋
石垣島
その他の土地
日々の暮らしから
草木染め
スケッチのすすめ
想い出の海
ちょっと休憩
最新の記事
ブログ移転のお知らせ
at 2019-01-04 04:44
感じる心
at 2018-02-09 00:00
神は自ら助ける者を助く
at 2018-02-08 00:00
旅路
at 2018-02-07 00:00
心の中の光
at 2018-02-06 00:00
許し
at 2018-02-05 00:00
自分自身であることを目指す
at 2018-02-04 00:00
道筋
at 2018-02-03 00:00
水辺にいきたい
at 2018-02-02 00:00
光輪
at 2018-02-01 00:00
以前の記事
2019年 01月
2018年 02月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 04月
2006年 01月
その他のジャンル
"poppies" Skin
by Animal Skin
カテゴリ:屋久島・盛夏( 78 )
Top▲
二重の苦しみは?


c0107829_10493436.gif

屋久島、栗生の虹。栗生はとても虹の出現の多い場所でした。二重の幸せならば良いですね!










本が好きです。

しかし、本を読んでいて、これは出来ないなあと思うと

くるしくなってしまうときがあります。

また、多くの人に指示されている本を読んで、

自分にとってしっくり来なかったときには

どうせ私は・・と、ちょっと落ち込んでしまいます。

そんなときに以下のようなメールを頂きました。




私自身も覚者など、偉い人、スゴイ人が書いたという本の一部の内容に対して

「そんな事言われてもなあ…今の私にはそんな風には考えられないなぁ…」

などとささやかな抵抗を感じたりする事が多々あります。

けれど、それで構わないのだと思います。

そんな今の自分を認め、今の自分の感覚を素直にそのまま感じてあげればいいのだと思います。

最近になってようやくそんな風に、「思い」はただの「今の思い」、

「感覚」はただの「今の感覚」だと、放っておけるようになって来ました。

「そんな風に思ってはいけない」

「そんな風に感じるなんて、私はダメな奴だ!」

「理解出来ない自分はバカだなぁ」

などと自分を許せなくなる事が一番辛くて、自分の事が嫌いになってしまう原因になっていました。

でも、心の何処かで「それでいいよ、大丈夫!」というスペースがあるだけで、

つまり自分を許してしまうだけで、どういう訳か、抵抗を感じいた言葉が理解できるようになったり、

周りの状況が改善したりという事が起こってきたりします。

そんな事があると、やはり自分が自分の見る世界を作っているんだなあと感じられるようになってきました。

「人を許す。自分を許す」事は、優しい世界を作る土台になるのだと思います。





実はわたしも二重の苦しみについて考えていました。

自分のなかに、あらゆるものに対する怖れや不安があるのですけれど、

それに加えて怖れや不安がある自分を責めているという二重に苦しみになっていると、

つい最近やっと気づきました。

その上、早く手放したい、手放したい、と必死になって、もう大変です。

まず、そんな今のありのままの自分を認めてあげるということをすっぽかしていたような気がします。

頂いたメールを通じて、神さまがお話してくれたように感じました。




















c0107829_10500365.gif












・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・
Copyright (c) 2017 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

























Top▲ by shiunka | 2017-07-27 11:02 | 屋久島・盛夏
言葉の作り方レクチャー


c0107829_19454879.gif

屋久島、安房川の奏でる水面。










読んでいる本の人物が、実在者、または物故者でも、

時々、夢に出てくることがあります。

何か思いっきり熱弁をふるって講義をしてくれたこともありました。

目が覚めると内容をほとんど忘れてしまって残念です。




つい数日前にも、本を読みながらうたた寝してしまったときに

その本に出てくる人物の夢をみました。

「言葉」の作り方を教えてくれました。




まず「思い」を地中に埋める。

それから、そこにやさしく手で土をかける。

肥料や、お水や、思いやりをたっぷりと注ぐ。

そうすると、そこに言葉が生まれてくる。

・・というのを

映像で見せてくれました。




「へえ、なるほど」といたく感心しましたが

起きてみると、なかなか、わかったようでわからないお話です。
















明日7月23日は家庭菜園者の祝日だそうです。




















c0107829_19460349.gif












・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・
Copyright (c) 2017 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

























Top▲ by shiunka | 2017-07-22 19:47 | 屋久島・盛夏
月と転換


c0107829_20181948.gif

梅雨の晴れ間に見事に輝く満ちた姿を現してくれました。










 満月から数日は河口湖や西湖の浜で月夜を描いていました。
 


月の出から描いているとたいてい夜半になるので、

近くの道の駅を探して車をとめて

部屋のように寝床を整えて寝てしまいます。
 


湖畔は朝方は冷えるくらい。

ひんやりした朝の湖の空気をからだ中

頭のてっぺんから足先まで

すみずみまで、くまなく感じて、

朝一番の新鮮な山の空気、という幸せを噛みしめます。
 


車に泊まるのは好きです。

ベッドライトと本を何冊か積みこんで

車のなかを居心地良く整えて、身体を横たえていると

学生時代の長いキャンプ生活を身体が思い出します。



この半分外、半分家のような暮らしに、

しみじみと、自由の喜びを感じます。



心というより、身体全体が楽んでいるようです。

家ではどちらかというと、寝付きが良くないのに

もうぐっすり、夢も憶えていることもなく

深く寝てしまいます。



月夜はちょっと不思議です。

だいたい、月の出から四時間程度描いているわけですが

これをきっかけに、ちょっとした転換をしてしまうときがあります。



たとえば、数日間、身体がだるくて動けなかったのに

描いているうちにいつの間にか身体に生気がみなぎっていて

帰りの長距離運転もなんなく出来る。



それから、温泉に入ったあとのように

どこかすっきりとして、身体が軽くなる。



また温泉に入ったあとのように、猛烈な眠気に教われる。



身体の周りがなんだかちょっと不思議なもの(?)に取り巻かれたような感じになり

その雰囲気が明くる朝まで続く。


どれも気のせいでしょう、と言われればそうで

とるに足らないものですが

毎回のこの転換もちょっとおもしろいのです。














c0107829_20183059.gif












・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・
Copyright (c) 2017 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

























Top▲ by shiunka | 2017-07-12 20:23 | 屋久島・盛夏
おぼろ月夜


c0107829_10383818.gif

十五夜、ご覧になりましたか?やさしいお月様でしたね。










丹沢の奥深くに向かって車を入らせます

好きな音楽を聴きながら

少しずつ山に入っていきます

山の奥深くに

夕暮れの山の奥深くに入っていきます



まるで山は私たちを包み込むように

手を広げて抱きとめてくれます

深く深く山奥へ入っていきます



ぐねぐね道を走りながら

深く深く日暮らしとともに

日が暮れていくとともに

深い山の中にすっぽりと包まれていきます



山に入るのは今日で三日目

今夜は十五夜の月夜です

明日は満月

今宵も月を描きに来ました



穏やかに暮れていきます

山では日暮らしの鳴き声が響き渡ります

ひんやりとした夜の気配に包まれています



川の上流からひんやりした空気が

流れに沿って伝わってきます



山々は青く染まっています

月が上がっています!

美しい山々の懐に月が抱かれています



今夜は金色の月です

やさしい光を全世界に放っています

なんて美しい色でしょう



宵の青い空に金色の月

周りがふわっと赤く輝き、黄金のようです

透明感のある青い空を背景に煌々と輝きます



やがて夜九時を過ぎると

鹿の呼び合う口笛の音が聴こえてきます。

まるで空気のなかでほんのわずかに

玉と玉がこすれ合うような音



ピッ・・ピッ・・

ピッ・・ピッ・・と、



高音と低音

かすかな音で、深い静寂の山に

交互にお互いを呼び合っているようです



静かな丹沢湖

水音と鹿の笛しか聴こえません



今夜の月はやさしい

空の霞に光が放射して

ふわっと拡散しています



やさしいおぼろ月夜です














c0107829_10372031.gif












・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・
Copyright (c) 2017 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

























Top▲ by shiunka | 2017-07-10 10:42 | 屋久島・盛夏
神様への手紙


c0107829_09555973.gif

屋久島原港の月の出。今夜は月が望めそうですね。









神様へ手紙を書くこと(?)の記事をみて、

すぐに、やってみたい!と思いました。



自動筆記のやり方


ここでも仰られているのですが、わたしたちは日常的に知らず知らずのうちに

なんらかのインスピレーション、霊感を得て、

生活の様々な発見から、音楽、文章、絵・・などすべてを創作していると私も感じます。

しかし、何かに宛てて手紙を書くというのはちょっと新鮮だし滅多にしないことなので

俄然やってみたくなりました。

楽しみ!とわくわくしながら書くこと

出てくる出てくる不安と怖れだらけ・・

情けない手紙が出来ました。



神さま、大いなるもの、誰か教えてください。
手放すってどうすれば手放せるのでしょうか。
本当にささいなことで不安と怖れががはじまって、自分でどんどん大きくしています。
いつもの型です。自分でどんどん大きくしているって頭で知っているのだけれど、
それを鎮めることがいつも出来ません。自分を責めて、それが辛くなり、人を責めたくなります。
(中略:たくさんの不安リスト)
いろいろな方法がありすぎて、頭がおかしくなりそうです。
出来ない自分が余計情けないです。自分の怖れを見るか、それを見ないように我慢しているか。
どちらかの状態は辛くてやめたいです。
どうやったら怖れと不安を手放せますか?是非教えてください。
そんなにパッと手放せるのでしょうか。
こうやってみてみると、手放したい手放したいと思っているから余計辛そうですね。
タデウスゴラスさんの言うように、このままの自分をまるごと認める、愛してあげるということが大切なのかもしれません。
どうしてこういうサイクルに陥ってしまうのでしょうか。
それが自分だからです。
えっ。それだけ・・?
なんだかさっぱりしていますね。




という具合でした。なんだかさっぱりしていますよね。















c0107829_09560886.gif












・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・
Copyright (c) 2017 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

























Top▲ by shiunka | 2017-07-07 10:29 | 屋久島・盛夏
神様に帰っていく


c0107829_09553161.gif

屋久島原港の日の出。七夕の朝、うちのお庭でも最初の蝉が鳴き始めました。









画廊さんを架け橋に、描いた絵がお客さまに渡るとき、

愛嬌をもった言い方で、よく絵が「お嫁入りした」など、言います。

愛する我が子、というメージですね。



そしてわたしにとっての感覚は、「帰っていく」という感じだなと思っていました。

神様(または自然、私たちを取り巻く自然の愛、恵み・・など)からもらったものを

帰していくという感覚でしょうか。

神様からもらったものが神様に帰っていくという循環かな?



結局みんながつながっているというのを意識する小さな瞬間で、

わたしたちは本当はすべてひとつかもしれない。

だから、ちょうど目にとまった下記の言葉が響きました。

「与えることと受け取ることは真実においては一つです。」



そして、上記の言葉を書いていた方よりお返事が届きました。

会ったことのない、素敵なお友達です。



「神様からもらったものを神様に帰す」ホントにそうだなと感じます。

全ての出来事は神様(虚空・空・大いなるものなどの言葉でも同じだと思いますが)から出て、

神様に帰っていくのだと思います。

「与えることと受け取ること」は

個人個人の出来事としてとらえると別の事のように感じられるけれども、

私たち一人一人が本当は一つなのだとすれば、

「そこ」にあるものは一つの出来事で、一つのものですものね。

私達のこの今の会話のやり取りも、実は「大きな一人の自己認識作業」かも知れませんね(^^♪
















c0107829_09554323.gif












・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・
Copyright (c) 2017 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

























Top▲ by shiunka | 2017-07-07 09:59 | 屋久島・盛夏
台風の余波


c0107829_19184565.gif

屋久島の海、台風の余波。









七月に入ってちゃんと気温が夏らしくなり、

しかし連日の湿度の高さには身体が参ってしまいますね。

うちは木造平屋で山や木々に囲まれているので、

いつもよりも密度の濃い空気になっています。

湿度75度くらい。

絵の倉庫にしている部屋では除湿器がフル稼働でがんばってくれて

毎日4リットルくらいの水を吸ってくれています。

こうなると、部屋の中で動くのにもゼリーの中みたいで、おっくうです。

どうも台風が近づいているようですね。



突然視界がまっ白になって、気づくと山裾しか見えなくなっている。

ばらばらと大粒の雨が屋根に叩き付けます。

壊れた樋からは滝のように流れる水。



素敵だな!大雨。

もっともっと降ればいいのに。

もっともっとたくさん降って

九州や沖縄の空気を

たっぷりとわたしの上空にも運んできておくれ。

そしてたくさんの南のニュースを頂戴。



夏の始まりの祭典だ。

山よ木々よ植物よ。

皆で季節のはじまりを祝おうではないか。













c0107829_19185800.gif














c0107829_19310237.gif












・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・
Copyright (c) 2017 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

























Top▲ by shiunka | 2017-07-04 19:22 | 屋久島・盛夏


c0107829_14520628.gif

屋久島安房川の揺らぎ。









なんだか、あれ?とひっかかることや、

ちょっと傷ついたり、とっても傷ついたり、

少し外に出るだけでも、人と触れ合えばいろいろなことがありますね。



そんなとき、相手を変えたくても、なかなか変えることは出来ませんし、

変えようと思うと、すごく大変な力を使って大変ですし、

もし万が一、周りの人が変わってくれたとしても、

そのあと、また自分の思い通りにいかなくなるのではないかと

はらはらして、気が休まることはないでしょうねきっと。



相手変えることは出来ない。自分を変えることしか出来ない、とよく言われますが、

そう簡単に自分を変えることもすぐには出来ませんし、

やり方もよくわかりませんでした。



でもそんなとき、「自分を見る」ことならできます。できそうです。



あの人はどうしてそうなのかな?と思うより、

自分は何故あの人の言葉や態度にひっかかってしまうのかな?と思う方が

はるかに実りがありました。



人に対して容認できない箇所というのは

自分の中にも同じものがあり、

しかもそれを自分にとって受け入れがたいと思っているのですね。



それは私にもあり、しかも私の中にあることが受け入れがたいんだ。でもあるんだ。

と思うだけでも、良いと思いました。

まずはそこがスタートです。



そうしたら、巷で「人は自分を育ててくれる教師です」と言われるようなことの意味が

やっとわかるようになりました。



そして、何故だか

朝起きたときに、肩や頭が痛かったりすることがあるのですが

この身体があって、痛みがあることにも、不思議なうれしさを感じました。













c0107829_14522774.gif










・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・
Copyright (c) 2017 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

























Top▲ by shiunka | 2017-06-29 22:22 | 屋久島・盛夏
船上より


c0107829_08484858.gif

船上より青い海を望む。









乗り物というのは気を楽にしてくれる。
 
飛行機、船、東海道線もしかり。

乗り物が好きなのには理由があるようだ。




たとえどうなろうと、ここは上空、だだっぴろい海の上。

人まかせ、神まかせだ。

全てのことに気をもみ

何でも自分の思い通りにしようとしても

あたりまえだが到底出来ない。
 



自分が止まっていてもどんどんすすんでいくし、

休んでいても働いてもどっちでもかまわない。

まるで大きなものに抱かれる気分だ。

ちゃんと目的地へ運んでくれる。
 
すべては神様の手のひらの上。
 
 
 

長い長い、大隅半島・・・。
 
船の速度というのは、

心と身体がちゃんとついて来れる速度だ。
 



長い長い大隅半島が終わる。
 
出航から二時間

大隅半島と薩摩半島に囲まれた

だだっぴろい鹿児島湾をようやく抜けて外海に出る。

静かに・・船が上下に揺れはじめる。
 
 
 

外海は澄んでいて懐かしい、

吸い込まれそうな青だ。

こんな色を一体どこで知ったのだろう?




表面は滑らか、まるで飴のような。

とにかく目の覚めるような青だ。
 
もし形容するなら、深く、愛に満ちた青。

本当に、こんな色を一体どこで知っていのだろう?












c0107829_08490483.gif











・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・
Copyright (c) 2017 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

























Top▲ by shiunka | 2017-06-21 08:54 | 屋久島・盛夏
海に呼ばれる


c0107829_14524629.gif

やさしい夕暮れに染まる、屋久島一湊の浜辺。










海の音を聴きながら瞑想をしていると

身体の芯の奥が波の音に反応して

熱くなっていくのを感じました。



波の音に、身体の中の海が呼応しているように思います。

ほんの短い時間でのことですから

やっぱり身体の中には海があるんだなあと感じました。



まだ小さい頃、沖縄のような、どこまでも透明な海に

行きたくて行きたくて

呼ばれて仕方なかったことを

思い出しました。











c0107829_14530413.gif











・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・
Copyright (c) 2017 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

























Top▲ by shiunka | 2017-06-20 15:01 | 屋久島・盛夏
| ページトップ |