人気ブログランキング |
Top
田中みぎわのブログへお越しいただきありがとうございます。HPには下記のリンクからお入り下さい。
by shiunka
リンク
カテゴリ
プロフィール
スケッチ帖・水辺
スケッチ帖・雨と霧
スケッチ帖・川を辿る
スケッチ帖・空の色
スケッチ帖・山と雲
スケッチ帖・木々
スケッチ帖・海と雲
スケッチ帖・光
スケッチ帖・島の思い出
スケッチ帖・田園
空からのメッセージ
樹と光からのメッセージ
足柄・晩秋
足柄・冬
足柄・早春
足柄・薫風
足柄・初夏
足柄・盛夏
南伊豆・早春
南伊豆・春
西伊豆・初夏
箱根・晩秋
湘南の海・早春
湘南の海・春
湘南の海・初夏
湘南の海・盛夏
湘南の海・晩夏
湘南の海・初秋
湘南の海・晩秋
湘南の海・冬
湘南の山・春
湘南の山・初夏
湘南の山・初秋
湘南の山・初冬
見どころ湘南エリア
武蔵野の水辺・早春
武蔵野の水辺・春
武蔵野の水辺・若葉
武蔵野の水辺・初夏
武蔵野の水辺・晩秋
武蔵野の水辺・冬
熊本アトリエ・早春
熊本アトリエ・春
熊本アトリエ・若葉
熊本アトリエ・梅雨
熊本アトリエ・盛夏
熊本アトリエ・晩夏
熊本アトリエ・中秋
熊本アトリエ・初秋
熊本アトリエ・晩秋
熊本アトリエ・冬
九州の名所めぐり
屋久島・盛夏
長野・早春
長野・冬景色
長野・初夏
長野・盛夏
山梨・厳冬
山梨・若葉
山梨・晩夏
山梨・中秋
石垣島
その他の土地
日々の暮らしから
草木染め
スケッチのすすめ
想い出の海
ちょっと休憩
最新の記事
ブログ移転のお知らせ
at 2019-01-04 04:44
感じる心
at 2018-02-09 00:00
神は自ら助ける者を助く
at 2018-02-08 00:00
旅路
at 2018-02-07 00:00
心の中の光
at 2018-02-06 00:00
許し
at 2018-02-05 00:00
自分自身であることを目指す
at 2018-02-04 00:00
道筋
at 2018-02-03 00:00
水辺にいきたい
at 2018-02-02 00:00
光輪
at 2018-02-01 00:00
以前の記事
2019年 01月
2018年 02月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 04月
2006年 01月
その他のジャンル
"poppies" Skin
by Animal Skin
<   2017年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧
Top▲
雨と虹


c0107829_15470450.gif

さあっと通り雨。すると、河口湖に虹が架かりました。










私たちをとりまく様々なもの

木々、水、雨、草花、雲、

月、太陽、星、

それに車や家やいつも使っている器など様々な物も、

すべてに魂のようなものがあって、お互いに意志を通わせることが出来ると感じます。




感じなくても、無意識のうちに話していることもあると思います。

無意識で話してないって思っても、明け方に夢で話しているかもしれません。

話すというのではなくて、

なんとなく感じる、ふわっとあたたかいものを感じたり

居心地が良い、などがそうかもしれません。

なんだか懐かしい、もそうだと思います。




私の場合は側頭部で音を感じたり、

心がぎゅうとなって目頭に涙が浮かんだりする感じですが

きっと人それぞれですね。

具体的にいろいろなお話を月から聴ける人もいるかもしれません。




どうしたらもっと様々な存在を感じ

それらと心を通わせることが出来るかな思うのですが

おそらく、それは

今現在のあるがままの自分を認め、

許すことが出来ることが大切なのではないかと思います。




ありのままを認める、とは言葉でとると

出来るような出来ないような抽象的な感じですが




傷つく→傷ついた自分を責める

怒る→怒った自分を責める

落ち込む→落ち込んだ自分を責める



そうじゃなくて、そんな自分を




みとめる

ゆるす

いやす、やさしくする




ということではないかと感じます。

なんだか水辺にいたら、自分なりですが、そんなことを思いました。

素敵な贈り物をどうもありがとう。











c0107829_15471899.gif












・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・
Copyright (c) 2017 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

























Top▲ by shiunka | 2017-07-31 16:05 | 山梨・晩夏
二重の苦しみは?


c0107829_10493436.gif

屋久島、栗生の虹。栗生はとても虹の出現の多い場所でした。二重の幸せならば良いですね!










本が好きです。

しかし、本を読んでいて、これは出来ないなあと思うと

くるしくなってしまうときがあります。

また、多くの人に指示されている本を読んで、

自分にとってしっくり来なかったときには

どうせ私は・・と、ちょっと落ち込んでしまいます。

そんなときに以下のようなメールを頂きました。




私自身も覚者など、偉い人、スゴイ人が書いたという本の一部の内容に対して

「そんな事言われてもなあ…今の私にはそんな風には考えられないなぁ…」

などとささやかな抵抗を感じたりする事が多々あります。

けれど、それで構わないのだと思います。

そんな今の自分を認め、今の自分の感覚を素直にそのまま感じてあげればいいのだと思います。

最近になってようやくそんな風に、「思い」はただの「今の思い」、

「感覚」はただの「今の感覚」だと、放っておけるようになって来ました。

「そんな風に思ってはいけない」

「そんな風に感じるなんて、私はダメな奴だ!」

「理解出来ない自分はバカだなぁ」

などと自分を許せなくなる事が一番辛くて、自分の事が嫌いになってしまう原因になっていました。

でも、心の何処かで「それでいいよ、大丈夫!」というスペースがあるだけで、

つまり自分を許してしまうだけで、どういう訳か、抵抗を感じいた言葉が理解できるようになったり、

周りの状況が改善したりという事が起こってきたりします。

そんな事があると、やはり自分が自分の見る世界を作っているんだなあと感じられるようになってきました。

「人を許す。自分を許す」事は、優しい世界を作る土台になるのだと思います。





実はわたしも二重の苦しみについて考えていました。

自分のなかに、あらゆるものに対する怖れや不安があるのですけれど、

それに加えて怖れや不安がある自分を責めているという二重に苦しみになっていると、

つい最近やっと気づきました。

その上、早く手放したい、手放したい、と必死になって、もう大変です。

まず、そんな今のありのままの自分を認めてあげるということをすっぽかしていたような気がします。

頂いたメールを通じて、神さまがお話してくれたように感じました。




















c0107829_10500365.gif












・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・
Copyright (c) 2017 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

























Top▲ by shiunka | 2017-07-27 11:02 | 屋久島・盛夏
言葉の作り方レクチャー


c0107829_19454879.gif

屋久島、安房川の奏でる水面。










読んでいる本の人物が、実在者、または物故者でも、

時々、夢に出てくることがあります。

何か思いっきり熱弁をふるって講義をしてくれたこともありました。

目が覚めると内容をほとんど忘れてしまって残念です。




つい数日前にも、本を読みながらうたた寝してしまったときに

その本に出てくる人物の夢をみました。

「言葉」の作り方を教えてくれました。




まず「思い」を地中に埋める。

それから、そこにやさしく手で土をかける。

肥料や、お水や、思いやりをたっぷりと注ぐ。

そうすると、そこに言葉が生まれてくる。

・・というのを

映像で見せてくれました。




「へえ、なるほど」といたく感心しましたが

起きてみると、なかなか、わかったようでわからないお話です。
















明日7月23日は家庭菜園者の祝日だそうです。




















c0107829_19460349.gif












・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・
Copyright (c) 2017 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

























Top▲ by shiunka | 2017-07-22 19:47 | 屋久島・盛夏
無条件の愛に包まれている


c0107829_08233329.gif

鏡のようなあざみ池。










無条件の愛に包まれて包容されている。




わたしたちは、本当は。




本当にそれに気づくか気づかないかの違いなのかもしれません。

ある瞬間(主にわたしはスケッチをしているとき)にそれを、

瞬間的に感じたことは過去から何度もありましたが、

それはきっと特別な瞬間で、

本来の世界はすべてのものは沈黙していて

私たちはバラバラなんだとずっと思っていました。




でも本当は、すべてのものは息づいていて、

すべてのものに魂が宿っていて、

すべてのものが私たちに語りかけているとしたら・・!




すべてのものは、私たちに差し出してくれているのです。

そうだとしたら・・!

世界はなんて慈愛に溢れたところなのでしょう!




















c0107829_08234778.gif












・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・
Copyright (c) 2017 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

























Top▲ by shiunka | 2017-07-22 08:27 | 長野・盛夏
森の生活


c0107829_07555625.gif

雨上がりの緑を映す、あざみ池










家のすぐ前に湖があったら…

そしてその水が透明できれいだったら…

そして人目をはばかることなく、朝と夕と、水浴が出来たら…

ときには舟で湖に漕ぎ出し

夜には屋根裏に映った火影を眺める。

そう、ソローのように。

わたしは「森の生活」が理想だったことを思い出した。




叶うかな?日本で。探せるかな。

一時期でもいい、それに近づきたい。

大地はいつも私たちを抱きとめてくれる。

その懐で、眠らせてくれる。

さざなみの音で眠りたい。

きっと叶える、水辺の生活を。




















c0107829_07560905.gif












・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・
Copyright (c) 2017 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

























Top▲ by shiunka | 2017-07-21 08:13 | 長野・盛夏
いまこの瞬間はわたしのもの


c0107829_07552207.gif

上高地、清冽な水の流れ。










さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる(The Power of NOW )エックハルト・トール (著)
第三章を読み返していたのですが
読んでいて改めて響いたところがありました。




「人生の状況」のことはちょっと忘れて、「人生そのもの」に目を向けてみてはいかがですか?

「人生の状況は」、時間の中に存在します。

あなたの人生は「いま」です。

「人生の状況」は思考の産物です。

あなたの人生は「現実」です。




「問題なんて、はなっから存在しませんよ!」と言っているんです。
実際に存在するのは「いま」とりくまれるべき「人生の状況」か。またはとりくめるようになるまでは、あるがままに受け入れるしかない「人生の状況」なんです。




自分が心理的時間にとらわれているかどうかを知る、簡単なテストがあります。こう自問するのです。「わたしがしていることに、喜び、安らぎ、楽しさをあるだろうか?」もし答えが「ノー」なら、人生を重荷か苦闘をみなしているために、「いま」を時間でおおいかくしてしまっているサインです。

たとえ自分がしていることに、喜びも、安らぎも、楽しさも感じられないとしても、それは必ずしも行動そのものをかえるべきだ、という意味ではありません。「どのように」おこなっているかを、かえるだけで十分かもしれないのです。「どのように」おこなうかは「なにを」おこなうかよりも常に大切です。おこなうことで達成できる結果よりも、行動そのものに焦点を当てるようにしましょう。





第三章まで朗読してみました。




















c0107829_07554164.gif












・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・
Copyright (c) 2017 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

























Top▲ by shiunka | 2017-07-21 08:05 | 長野・盛夏
手紙


c0107829_17570286.gif

上高地にて散歩道










神様に手紙を書いてみました。




こんにちは。
最近ですが、いつの間にか、ひとりでいても孤独を感じなくなりました。
孤独はそれ自体は良いも悪いもなく、孤独とは好きな言葉のひとつなのですが
以前は、ひとりぼっちで世界から分離された感が強く、
寂しくて寂しくて仕方ない時がありました。
なにかで紛らわせたり、人と合ってみると
余計に寂しくなることもありました。
すがろうとするからかもしれません。
でも今は、いつの間にか、さほどではありません。
もしかして、またその波は戻ってくるかもしれませんし
わかりません。
わたしたちにはバイオリズムがありますからね。




でも辛い時に、そのままを受け入れるって中々大変です。
抵抗しない、そんなだめな自分を愛する・・




ところでわたしは今アトピーが出ています。
四月には、今までになく顔に出て、唇が痛くて氷で冷やして大変でした。
アトピーは何を意味するのでしょう?
わたしの身体から何が吹き出そうとしているのでしょう?
何が原因なのでしょう?
食べもの?薬?考え方?
薬は良く効きます。強力です。
でも、もっと内側から原因を考えて探し出し、治していってみたいのです。
アトピーはわたしに何を話しかけているのでしょうか。




わたしは最近はお庭をもっと素敵な居心地よい
ハーブ園にしようと思うようになりました。
暖かいので、蜜柑の木がたくさんあります。
それからべリー類も植えたいです!
ひよどりに食べられてしまいそうだけれど・・
お庭に愛の空間を作りたい。
実際は南足柄の夏は暑くて大変、強力なブヨもいます。
暑さにも強いハーブを選んで、力強い夏の野原にしてみたいのです。




草の力で身体が良くなるといいな!
お野菜や薬草の力で身体が良くなるとよいですね。
いろいろ研究してみるつもりです。




わたしには、見えないものは見えません。
感じることもなかなかできません。
ただひとつ、ヒントとしては、
何かを感じたとき、もしくは同調したとき、
共鳴したとき
ふいに胸がぎゅうとなり、目頭がじーんと潤むことです。
もしくはお腹で感じることも。




おじさんが死んだときには遺体のそばで泣いたけれど、
お腹がじわっと温かかった。




夫とはじめて行ったお父さんのお墓参りは
別にちっとも悲しくなかったけれど
生前の不満を言い出したら涙が出た。
その晩温泉の抽選で、つづけて一位と二位が出た。
(温泉入浴券とマッサージ券)
温泉の人もびっくりしてた。
今思えば、あれは結婚祝いだったのかな?




カナカナが鳴き始めました。
日暮れの曲のはじまり。
今日のトマトとバジルのサンドイッチは美味しかった。
トマトが甘くて苺ジャムのよう。
日々の糧をありがとうございます。
















c0107829_17571866.gif












・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・
Copyright (c) 2017 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

























Top▲ by shiunka | 2017-07-20 18:02 | 長野・盛夏
どんなふうに生きたいか?


c0107829_21484565.gif

乗鞍岳にて霧と日輪。










どんなふうに生きたいか?




世の中がどうというのではなく、

どんなふうに自分が生きたいか、

と考えたことはありますか。




わたしはのびのびと生きたいです。

ただし、世間から自由になりたい、というのではなくて、

自分から自由になりたいです。




何かしたいと思うときに、自分に制限をかけているのは、

世の中でもなく、人でもなく、まずほとんどが自分です。

自分の中のいろいろなもの、不安、怖れ、痛みなど・・?が、

自分に制限をかけてきます。

おもに怖れだと思います。




自分が自分に許していることは、

たとえ人からどういわれたとしても、

さほど気にする事はありませんでした。




本当に、自分というものは未知です。

自分の中に、この広大な空、そして宇宙と同じくらいの空間があります。

自分の中に、深遠な空間が広がっているのです。




いったいこの空間を、

私たちはほんの少しでも、

みていくことができるのでしょうか?















c0107829_21485828.gif












・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・
Copyright (c) 2017 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

























Top▲ by shiunka | 2017-07-20 10:25 | 長野・盛夏
これをしている自分なら


c0107829_17041490.gif

上高地、緑苔の美しい新鮮な湧き水。










自分の好きなところを挙げてください、という質問に、

思わず固まってしまって、いくつも答えられない人が多いと良く聴きます。

自分についてわたしは○○である、というリストを10挙げなさい、と言われると、

気が短い、怒りっぽい、くよくよする・・などマイナスな要素が多く出て来てしまいがちのようです。

わたしもそうなのですが。




ふと思ったのですが、

これをしている自分ならなんだか好きかも、というリストはどうでしょうか。




野原で集めた木いちごを散らしたパンケーキ、自然の恵みをふんだんに使った料理を作っている自分

庭の土を手足で感じている自分

土手で花を集めてきて、一輪挿しに活けている自分・・

大きな木に抱きついている自分・・

それならいろいろ思いつきそうです。




わたしはひとりでぶらぶら放浪してスケッチをして、そのまま車で寝てしまい、

よく朝起きたときに公衆トイレで顔を洗った自分の顔をみて、

改めて自分の顔を見たな、と思ったことがあります。

そんなとき、昨夜お風呂も入っていないのに、

今日の顔さっぱりしてちょっといいな、と思ったことがありました。




そんなふうに思わぬ自分を見つけるのも、人生の楽しい旅かもしれませんね。















c0107829_17043035.gif












・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・
Copyright (c) 2017 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

























Top▲ by shiunka | 2017-07-19 17:10 | 長野・盛夏
日暮らし交響曲


c0107829_21493388.gif

長野県乗鞍、緑を映すあざみ池。










夜明けに空が白んでくると、

山のどこからか日暮らし、蝉、そして鳥のさえずり・・が聴こえてくる。

一日の幕開けです。




まだひんやりする湿気を含んだ山の大気を

胸にひと呼吸すいこむ。




裏山では日暮らしが波のようにこだまする

まるでどこか別の世界の入り口を示唆するかのように・・




そのこだまをきいていると、

ここに同時に存在している別の世界の入り口が

この時間だけ開いて

その入り口はここだよ、と示唆しているように感じます。




なんだか、この時間だけに開かれる、

別の世界への入り口に誘われているようだ。














c0107829_21491865.gif












・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・
Copyright (c) 2017 Tanaka Migiwa, All Right Reserved.

























Top▲ by shiunka | 2017-07-18 22:16 | 長野・盛夏
| ページトップ |